タグ:s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4 ( 8 ) タグの人気記事

青春にして已む

田起しの最中に止まったものか。
主と共に家に帰ることなく、野に突っ伏し果てた。


e0362418_14192367.jpg


e0362418_14194049.jpg


e0362418_14220735.jpg


e0362418_14223250.jpg


e0362418_14225360.jpg


e0362418_14231118.jpg


e0362418_14232507.jpg



三菱 Dトラ D2500 のようですが、ならば生まれは昭和49年~50年。

 松崎町/α7m2



[PR]
by silvergray2 | 2018-03-27 07:00 | 自然 | Comments(2)

続・春彼岸 堤の桜

春彼岸の入りの日曜日、菩提寺の墓地で友人に行き会う。
実はその数日前にこのS君から電話があり、介護施設にいる90才を超え認知症の身にある母を墓参りに連れて行こうと思う、とのことだった。
Sは次男で当の昔に苗字は変わっている。所謂婿に入った立場。
実家を継いできた二つ違いの実兄は、母上を思いながらも故郷を離れて暮らし、残念なことに二年前に早逝してしまった。
実兄に残された家族はいるのだが、何しろ遠地に居て、そこでSの実母の世話の重みが変わった。

電話は、母堂が坂の道を歩けるか不安を伝えてきたが、ならば背負えと進言。
「俺がか!」と驚いたS。そうだな親を背負う経験は無かっただろう。

丁度墓地でSの車を見て、わたしが急いで寺に顔を出して戻って来る間に、S君は母堂を背負って墓前に進んでいた。
母堂に挨拶をすると、嬉しいことに名前は覚えていてくれた。しかし、過っての面影はなかった。
S君のカミさんは、どうせ義母の状況から直ぐに忘れてしまうことに、なぜSが拘ったのか不満そうで私にポツリ声を漏らしたが、分かってやってください、単なる優しさではなく男が生みの親への懺悔でもあるのです。
それがS自身の為であることは本人が一番よくわかっているですから。

e0362418_15214469.jpg


e0362418_15220047.jpg


e0362418_15221507.jpg


e0362418_15222552.jpg


e0362418_15223678.jpg


e0362418_23001794.jpg


中日の21日は雨でしょうね。(予定投稿)
S、日曜日に連れてきて良かったねぇ。
 

 那賀川堤(3/19)/松崎町
 /α7m2





[PR]
by silvergray2 | 2018-03-21 07:00 | 世間 | Comments(2)

タテカン

タテカン=立て看板。
過っての大学ではタテカンが氾濫していた。
タテカン世代と言う言葉があるかは知りませんが、田んぼの中に立つこのタテカンを見ると、この世代の人が米を作っているのだろう。
タテカンの表現からすると、農業を楽しんでおられる、そうでしょうよ。
合板には幾多の風雨を耐え、時間のグラデーションが体現され、Artを感じるのであります。


e0362418_16590417.jpg


e0362418_16594774.jpg


e0362418_17061608.jpg


e0362418_17063466.jpg


e0362418_17065058.jpg


e0362418_17070398.jpg

 とある農業集団の田んぼより(2月)
 /NEX-6





[PR]
by silvergray2 | 2018-03-11 17:09 | 時代 | Comments(2)

みなみのさくら

みなみの桜と菜の花まつり。南伊豆町、青野川沿いの桜の様子です。
みなみの桜=河津桜です。河津町から河津桜の名称を使ってくれるな!と申し入れがあり、南伊豆町はみなみの桜と銘打って桜祭りを行っています。
祭りと言っても、こちらは焼き鳥の臭いがする訳でもなし、出店の呼び込みもなし、人の流れに押し出されることもなく、静かに桜と川の景色を自分のペースで楽しめます。
時間があればこちらがお勧めなんですが。

2/23 開花の様子は、三部咲から一部の木では五分咲といったところです。3月初めからが華やかさが増すものと思います。


 D7000 & sigma17-50/2.8EX HSM
e0362418_14572146.jpg


e0362418_14584841.jpg


e0362418_15215655.jpg


e0362418_15005784.jpg



e0362418_15020196.jpg



 α7m2 & s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4
e0362418_15042464.jpg


e0362418_15052806.jpg


e0362418_15061425.jpg


e0362418_15073221.jpg


e0362418_15081260.jpg


e0362418_15105274.jpg


 青野川/南伊豆町


[PR]
by silvergray2 | 2018-02-25 08:00 | 自然 | Comments(2)

河津の桜

河津川河畔の桜、河津桜。
来週、客人が花見に来るのですが、咲き具合はだいぶ遅れている様子で心配になったので調べに行ってきました。
河口側下流はよく見て一分咲くらいか。豊泉橋から上流側は二~三分咲と言ったところです。
川原では結婚式に使うのかウェディングドレス・タキシード姿のカップルを眺めてきました。
近頃は河津や南伊豆町下賀茂の川原でこういった写真を撮る姿を見つけます。
せめてもう一週間後に撮影なら桜の色で華やいだことでしょうね。


e0362418_11061340.jpg


e0362418_11063066.jpg


e0362418_11064201.jpg




e0362418_11072141.jpg


e0362418_11080663.jpg


e0362418_11083855.jpg




e0362418_11094128.jpg


e0362418_11110050.jpg


e0362418_11112091.jpg

 1~3: D7000 sigma17-50/2.8EX HSM
 4~6: D7000 tamronSP AF 90/2.8 Di macro
 7~9: α7m2 s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4 (M42)

 河津川(2/23)/河津町









[PR]
by silvergray2 | 2018-02-24 11:17 | 自然 | Comments(4)

梅見

山裾のウォーキングコースにある一本の梅の木。ぐるりと回ってみました。


e0362418_16350899.jpg


e0362418_16353434.jpg


e0362418_16354860.jpg


e0362418_16360256.jpg

久しぶりに使った s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4 (M42) いいなと思いました。
やはりオールドな OM50/3.5macroも使ってみましたが、どうもこちらの方が柔らかいように思います。
もう少し着けっぱなしで持ち出そうと思います。


 池/伊東市
 /NEX-6




[PR]
by silvergray2 | 2018-02-21 18:00 | 自然 | Comments(2)

青野川界隈

風の冷たい青野川河畔を国道を横切って上流に向かって歩くと、河津と違ってこちらの上流域の桜はまだ眠っていました。
で、近くの下賀茂熱帯植物園で一服。


 E PZ 16-50/3.5-5.6 OSS 
清竜寺参道 二年前に亡くなったH君の菩提寺はひょっとしてこちらか?境内を歩いてみた。
帰省時には赤いフェラーリで乗り付けていたという。
e0362418_11010245.jpg


e0362418_11125396.jpg



 s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4.0
e0362418_10335600.jpg

 
e0362418_10271022.jpg



 下賀茂熱帯植物園にて 写真O.K、愛想のよい店員さんでした。ありがとうございます。
e0362418_10254858.jpg


e0362418_10260614.jpg


e0362418_10262225.jpg



 がま寺にて
e0362418_10300220.jpg


e0362418_10301872.jpg


 青野川河畔/南伊豆町
 /NEX-6





[PR]
by silvergray2 | 2017-02-14 12:06 | 近く | Comments(2)

10日に河津と同じように始まった南伊豆町の「みなみの桜と菜の花祭り」。
昨日は風が強く冷たかったのでポケットに手を入れてのブラブラ歩き。
レンズはこれも40年以上前のペンタックス Super-Multi-Coated MACRO-TAKUMAR 50/4 と 現在のソニー E PZ 16-50/3.5-5.6 OSS 。
s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4.0 は このところ年一回程度、レンズの虫干しで使っていました。
マクロ(接写)レンズはニコン用のタムロン90/2.8Di を常用にしていることと、本家ペンタックスK20Dの液晶モニターがどうも気に入らず、このレンズを持ち出す機会が減りました。

NEX-6はモニター、シャッターを押した余韻なども気に入って、50mmレンズの撮り比べ、今回はこちらのレンズで楽しみました。
絞りは開放でもF4。現在のカメラからすれば、マクロとすると明るくはないのですが、販売されていた当時のマクロレンズは本来の写真複写を目的に設計された質実剛健なレンズ。優しいボケが評価に加わる現代のマクロレンズとは立場が違います。
でもマクロ・タクマー50もただ固い訳ではありません。
頑固一辺倒と思われている私に似て実は柔らか、そんなレンズなのです。よろしくm(__)m


 s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4.0 (F4.0開放)

e0362418_12213235.jpg


e0362418_12265584.jpg


e0362418_17523746.jpg


e0362418_12305209.jpg


e0362418_12324605.jpg


e0362418_09454172.jpg



e0362418_12372801.jpg

e0362418_09540158.jpg



e0362418_12402241.jpg




 E PZ 16-50/3.5-5.6 OSS

e0362418_12411305.jpg


e0362418_12432874.jpg


e0362418_12434065.jpg


ミラーレス一眼のNEX-6、マウントアダプターを付けていろいろなメーカーのレンズをマニュアルフォーカスで楽しむことができます。
焦点距離50mmのレンズは好きなだけにいろいろレンズコンテナーに集まっています。ニコンの3本は別として、あと、OMの一本がありますが、どうするか、、、
またアダプターを買うか。やや食傷気味でもあります。

 青野川河畔/南伊豆町
 /NEX-6














[PR]
by silvergray2 | 2017-02-12 13:06 | カメラ機材 | Comments(4)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。