熱海 二本のアーケード街

 PentaxSP C.ZEISS JENA DDR TESSAR 2.8/50

e0362418_21115722.jpg


e0362418_21123339.jpg


e0362418_21150046.jpg



 OM-1 G.ZUIKO AUTO-W 28/3.5
e0362418_18092223.jpg


e0362418_18093807.jpg

 熱海(1/21)
 /olympus OM-1・pentax SP & Fujicolor C200, Epson GT-F600






[PR]
by silvergray2 | 2018-02-19 21:20 | フィルム | Comments(0)

今日から寒波襲来のようす。
もっとも伊豆の海中は水温は下がっても10度前半のようで、今飛び込んでも、おっ温かい、といった感想になるはず。
水温が下がるとプランクトンも減り透明度が高くなるので、ダイビングを趣味にした友人はこの時期は最適だと言っていました。
正月に近況を電話で聞くと、普段から膝が痛くなることが多く潜れない、と嘆いていました。
海坊主も陸に上がりっぱなし、といったところかな。

 OM-1 & G.ZUIKO AUTO-W 28/3.5
e0362418_11051502.jpg



e0362418_11053683.jpg



e0362418_11055126.jpg



 pentax SP & C.ZEISS JENA DDR TESSAR 2.8/50
e0362418_15514369.jpg



e0362418_15521458.jpg



e0362418_15523495.jpg



 伊豆山/熱海市
 /olympus OM-1・pentax SP & Fujicolor C200, Epson GT-F600



[PR]
by silvergray2 | 2018-01-24 07:00 | フィルム | Comments(4)

坂に暮らす  OM-1

伊豆山神社から参道階段を737段降りると、そこは浜から上ること100段目。
絶壁の坂の上。転落防止の金網フェンスを乗り越えれば、あの世に近付けることは間違いない。
風の強い時には傘も差せず、横殴りの雨にで遭えば全身びしょ濡れは覚悟の上か。
しかし、人はそこに道を作り、暮らします。



e0362418_15205948.jpg



e0362418_15241004.jpg



e0362418_15264662.jpg


半世紀前の遺産とも言える「ハイシスタン」発見。それも外に付けてある。今も使われているのでしょうか。音を聞いてみたいものです。
e0362418_15270404.jpg


e0362418_15274323.jpg



e0362418_15280916.jpg


 伊豆山/熱海市
 /olympus OM-1 & Fujicolor C200, Epson GT-F600



[PR]
by silvergray2 | 2018-01-23 06:00 | フィルム | Comments(0)

赤い橋 OM-1

久々にフィルムを入れて歩きました。
伊豆山神社から海に下る長い長い階段を降り海に至りますが、帰りは上らなければなりません。
これもわたしの唱える「写真スポーツ」? の真骨頂。まあ歩きましょう。



e0362418_18114802.jpg



e0362418_18151087.jpg



e0362418_18152454.jpg



e0362418_18154117.jpg



e0362418_18160859.jpg



e0362418_18155571.jpg

(写真スポーツ=軽運動を医者から勧められ、歩かねばというとになりましたが、どうも他人さんから見ると怪しさが満ち溢れているようで、、、。それではとカメラを提げてぶらぶらキョロキョロの、なんともまあ、大威張りなアマチュアカメラマン氏となりました。)

 伊豆山/熱海市
 /olympus OM-1 & Fujicolor C200, Epson GT-F600




[PR]
by silvergray2 | 2018-01-22 06:00 | フィルム | Comments(0)

風待港の路地 子浦

子浦は古来より漁業で栄えたが、江戸時代は風待ち港としても賑わい、夜ともなると三味線の音が路地に響いたと言うことです。
海に近い西林寺に寄ると、案内板には1864年1月、徳川家茂が二度目の上洛の際(勝海舟、坂本龍馬乗船)、下田出港後に時化に会いこちらの寺に3日間の逗留を記してあった。
案内板を読み、寺の脇から路地に進むと十字路の赤いアイスクリームの旗が見え、旗の下ではベンチと路地に座り込みアイスキャンデーを手にしたハイキング姿の先輩衆の声が賑わっていた。
何しろ狭い路地で、スッと通り過ぎるのも気が引け、美味しそうですねぇ、と声を掛けると、「美味しいですよ、こちらの店で売っていま~す。」と応答アリ。
結局、弾みで140円小倉アイスバーを買い、暫し、お仲間に入りました。下賀茂の方々とのこと、地元の方ですね。


e0362418_16233252.jpg


e0362418_16242295.jpg

車が入れないので、荷物は港の道路と家の間をマイ・一輪車で運びます。軽く、潮に強いアルミフレームの一輪車もあるのです。
一輪車には車を間違わないように屋号(○○丸など)が書かれていますが、空ビのおもちゃにもちゃんと屋号、書かれていました。
e0362418_16251228.jpg


e0362418_16260348.jpg


e0362418_16265236.jpg

こんな路地に洋風、それもかなり手の込んだの建物。過っての郵便局でしょうか?いや漁協か?村役場か?
e0362418_16365598.jpg

板永?なんだろう。たぶん板「氷」でしょうね。細かいことはいいってことよ。
e0362418_16395852.jpg


e0362418_19505187.jpg


 
 子浦 /南伊豆町
 /α7m2
















[PR]
by silvergray2 | 2017-10-01 19:51 | 世間 | Comments(4)

落居 其の二

落居の家々を繋ぐ動脈とも言える道は一本。細いが大動脈だ。
ウェブで見つけた落居の戸数=18。
現在はどうだろう。少し減っているかも知れないな。
稼働していそうな民宿は3軒だろうか。
廃墟かと見える民宿の姿もあったし、雨戸が閉まったり、玄関引き戸にチラシを差し込んだままの家もあり、実のところあと何年この部落は持つのだろうと思った。

海から一本道を上り出すと、夏の観光客を歓迎したのだろ、オブジェがあった。
夏の太陽は既に去り、そろそろ片付ける日が近いことだろう。

e0362418_18170356.jpg


e0362418_18171916.jpg


e0362418_18184145.jpg



e0362418_18153143.jpg


e0362418_18191943.jpg



e0362418_17400430.jpg



e0362418_17403369.jpg



e0362418_18235113.jpg


e0362418_18240425.jpg


 落居/南伊豆町
 /α7m2


[PR]
by silvergray2 | 2017-09-22 17:41 | 世間 | Comments(0)

地図から見る白く表示されたその道は、国道136号から外れ、子浦地区中の先で突然途切れる。しかし、よく見ると薄い細線で続いていた。
薄い細線はトンネルで、幅員4mほどの狭く長いトンネルを車で走り続けると突然視界が開け、海の上に出た。
戸数20に満たない「落居」地区への唯一の道だった。
民宿を営む人の話では、昭和49年の伊豆半島沖地震でそれまで使っていた道が崩落して、新たに出来た道だという。
以前の道は子浦から落居を抜け伊浜地区にも続いていたそうだが、今は伊浜への道も消え、この道一本のどん詰まりの集落となっている。


e0362418_17405994.jpg


e0362418_17413794.jpg


e0362418_17423521.jpg


e0362418_17425825.jpg


e0362418_17432942.jpg



e0362418_17415702.jpg


 落居/南伊豆町
 /α7m2








[PR]
by silvergray2 | 2017-09-21 18:00 | 世間 | Comments(4)

昭和の酔い心地

ビール中が200円、ウィスキー2級が一杯80円、、、
2級ってところがにくい。地元の45ウィスキーか?
コーヒー一杯100円。
いつごろの時代か?コーヒーの値段をネットで検索すると、昭和45年くらいと出た。えッ、そんな安かったの?

昭和40年、私が子供の頃、隣の市に「50円ハウス」という食堂がありましてね。
ここのカレーを、電車に乗って子供だけで食べに行くのが随分な贅沢だと感じたものでした。
こちらのお店がごった返していた年代はその頃だったのかもしれません。

e0362418_10513948.jpg



e0362418_10511467.jpg



e0362418_10504828.jpg

 古奈/伊豆長岡/伊豆の国市
 /NEX-6







[PR]
by silvergray2 | 2017-08-11 11:14 | 時代 | Comments(2)

以前(前ブログSCENE92)にも紹介した酒屋さんの看板オブジェ。
日曜、こちらの酒屋さんの前に立つと、西日を受けたに酒瓶のオブジェに薄っすらと「源氏」の文字が浮かんで見えた。
こちらの地元には過って東洋醸造と呼ばれた酒造会社があり、峠を越えたわたしのところでも酒屋の前に積置かれた空の「菊源氏」の一升瓶を背に子供らは遊び、蔵元は知らずともそのラベルだけは記憶の底に焼き付いている。
そして、そんな昭和の時代、我が家の食堂の祖父の席の後ろにも「菊源氏」の一升瓶がいつでもでん一本控えていた。


e0362418_17505107.jpg


e0362418_17521740.jpg

 古奈/伊豆長岡/伊豆の国市
 /NEX-6





[PR]
by silvergray2 | 2017-08-07 17:53 | 時代 | Comments(2)

夏館

今日も暑かった。
冷蔵庫の最上段には「モナ王」「あずきバー」ほか数種類のアイスが放り込まれている。
今年は「モナ王」を好んで口に運んでしまう。
暑さに閉口している体に体力を使わずに口に入るアイスモナカは齢を重ねた者には打って付けか?(ふーッ)
子供の頃から、小生に夏痩せは無い!


e0362418_22103886.jpg


e0362418_22105483.jpg


e0362418_22111121.jpg

 1:G.ZUIKO AUTO-W 28/3.5
 2,3:C.ZEISS JENA DDR TESSAR 2.8/50

 古奈/伊豆長岡/伊豆の国市
 NEX-6







[PR]
by silvergray2 | 2017-08-06 22:25 | 世間 | Comments(0)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31