話し序で行ってみた二重橋。初めてみました。
記念写真は撮ってきませんでした。
(6/10訂正追記 先日TVを見ていて、これは二重橋ではないということが分かりました。本当の二重橋はこの奥にあるそうです。)


e0362418_12073306.jpg



東京ミッドタウン日比谷、凄い人出でした。上階に上るエスカレーターに乗るのに幾重にも蛇行した列に並びました。
内装はちょっと渋い感じがしました。
e0362418_11512278.jpg



e0362418_11514097.jpg


e0362418_11515818.jpg


e0362418_11521352.jpg


 /α7m2



MonaLisa Twins







[PR]
by silvergray2 | 2018-04-27 12:08 | 世間 | Comments(4)

国立新美術館 ” ビュールレ・コレクション” を見てきました。

今回の展示はビュールレさんの収集した絵画の一部がスイスより運ばれて東京のあとは福岡・名古屋で展示される。
「死の商人」と言う言葉を聞いたのは中学生のとき。ビュールレ(1956没)さんのプロフィールを読めば、まさしくその、死の商人。
忌まわしさを感じるのはわたしの受けた教育によるもの。まあそんな心底があっての展示を見て歩くのですが、まあかなりの豪商、政商でなければ集められない作品ばかりなのです。
興味ある方はこちらのリンク「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」をご覧ください。

出口付近の展示でモネの日本初公開となる「睡蓮の池、緑の反映」(200x425cm)が見られます。
ここでは写真O.Kの表示があり皆さんスマホなどで写真を撮っていました。
えッ?と思い、あぁコピーか、と思い、絵の回りに複製の文字を探しましたが、ない。
係りの人にコピーですか?と聞くと、我が意を得たりとにっこり笑い、いえ本物です。
まず、著作権が切れていて、そして、ビュールレ・コレクション財団と新美術館との話し合いで撮影を許可しましたとのこと。
へ~、たいした腹づもりじゃありませんか。


e0362418_17470258.jpg



こちらは ” こいのぼりなう! 須藤玲子xアドリアン・ガルデールx齋藤精一によるインスタレーション” です。
e0362418_17534988.jpg


e0362418_17541107.jpg


e0362418_17542474.jpg


e0362418_17544700.jpg


e0362418_17550623.jpg

 国立新美術館/東京都
 /α7m2






[PR]
by silvergray2 | 2018-04-25 17:56 | 世間 | Comments(2)

国立新美術館

日曜、食事会の前に二時間ほど六本木の国立新美術館へ。
設計は黒川紀章と日本設計の共同体。黒川紀章の遺作となった。
出来た当時、写真で見たときには、過って異端と言われた黒川紀章の斬新さや提案が感じられず、丹下さんと同じでお歳を召された、そんなふうに思っていました。
が、行って見ると、面白い!
外光を積極的に取り込み、三次曲面のカーテンウォールの部材の影が床に波打ち、人の行き来する様は活発だ。
竣工時のホールの内観写真では人は疎らで、カーテンウォールばかりが目立つ殺風景で広大な空間に違和感を伴ったが、人が集まり活動が始まると、実は訪れた人がもうひとつのテーマのように映し出されたこの美術館、充分に楽しめます。


e0362418_11175092.jpg


e0362418_11270028.jpg


e0362418_11291963.jpg


e0362418_11302753.jpg


e0362418_11340424.jpg


e0362418_11411884.jpg


e0362418_11434832.jpg


e0362418_11440906.jpg


e0362418_11442609.jpg

e0362418_11460914.jpg

e0362418_11471473.jpg

以前ラジオの番組で黒川紀章がインタビューを受け、「利休ねずみ」(色)の話をしていた。
その中でグレーは遠近感を狂わす。夕暮れ時に交通事故が多くなるのは、このことだ。と話された。
なるほど。頷くわたし。
尚「共生」と言う言葉を使い出したのは黒川が最初だったと思っています。


 国立新美術館/東京都
 /α7m2



[PR]
by silvergray2 | 2018-04-24 12:07 | 世間 | Comments(2)

東京にはポストがない!

昨日は新宿へ。
家(田舎)を出るときに出さなきゃいけないハガキがあったのを思い出し、バッグの中に。
要件終わり、夕方の帰路JR新宿駅南口へは16分の道中。
さてと、ポスト、ポスト、、、甲州街道とやらの歩道をキョロキョロと探すが行けども行けども見つからないのだ。
結局、新宿駅まで歩いて見つけることは出来なかった。
どうしているんだよ東京人は!メールばっかりじゃね~だろう!


e0362418_18235925.jpg


e0362418_18241942.jpg


e0362418_18243835.jpg


e0362418_18254064.jpg


e0362418_18250992.jpg


結局ハガキは家に持ち帰りました。
では歩いて3分の地元のポストに入れてきます。


 新宿/東京都
 /α7m2




[PR]
by silvergray2 | 2018-03-10 18:32 | 世間 | Comments(4)

旧ブログを含め数回登場した造船所。

今日もクレーンは動かない。


e0362418_11305743.jpg


e0362418_11311801.jpg

e0362418_11381149.jpg


e0362418_11382558.jpg


e0362418_11384504.jpg


e0362418_11390337.jpg


e0362418_11392340.jpg

造船所のホームページは健在。二年前の夏に揚げられていた漁船は既になし。
今は静かに次の船を待っているのだろう。

 田子/西伊豆町
 /α7m2









[PR]
by silvergray2 | 2018-01-13 12:30 | 世間 | Comments(2)

鰹が走った路地

田子(たご)の鰹漁は、700年代に記された平城京に調(税)として差し出された木簡記録が発見されているほどに古い歴史を持つ。
漁獲高は昭和40年代に最盛を迎え50年代に入るとオイルショック、陸路交通の不便等により以後急速に衰え現在鰹船は無くなったとのこと。
鰹節加工業者も30店を数えたが現在は3店を残す。
小さな村だが、当時の大漁に湧く喧騒が路地を歩くと聞こえるようだ。


e0362418_17485196.jpg


e0362418_17491647.jpg


e0362418_17493299.jpg


e0362418_17501915.jpg


e0362418_17495372.jpg


e0362418_17511370.jpg


e0362418_17512688.jpg


e0362418_17521042.jpg


e0362418_17522590.jpg

 田子・西伊豆町/α7m2


[PR]
by silvergray2 | 2018-01-12 18:00 | 世間 | Comments(0)

降誕祭 二回目

俳句歳時記 冬 より
 
 へろへろとワンタンすするクリスマス  秋元不死男
 犬小屋に扉のなくてクリスマス  土生重次
 沖へ出てゆく船の灯も聖夜の灯  遠藤若狭男

今日は幼稚園で先生が見せた「マッチ売りの少女」の紙芝居を思い出しました。
今でも幼稚園で、やっているのでしょうか。でも、もう冬休みになったことでしょうね。



e0362418_17301567.jpg



e0362418_17305246.jpg



e0362418_17315568.jpg



e0362418_17314255.jpg



e0362418_17320692.jpg



e0362418_17313195.jpg

 富士屋ホテル/箱根宮の下
 /α7m2













[PR]
by silvergray2 | 2017-12-21 18:03 | 世間 | Comments(4)

降誕祭 一回目

よく行くホームセンターでもクリスマスソングがBGMで流れ、スキップ踏みたくなるような気分は幾つになってもなわたしです。
そろそろ、神棚の社にハタキを掛けたり、仏壇の線香立ての灰を取ったり、照明器具の埃を払ったりと新年を迎える準備に入らないといけません。
クリスマスは小さなケーキを食べるだけ、リース飾りなんてものはありません。
以前、知人の某寺住職の家庭ではケーキはなし、しかし、子供に贈り物はすると言ってましたが、本音と建前を使い分ける日本の仏教徒ならではの行いなんでしょうね。
国道沿いのパチンコ屋さんにも空気で膨らんだサンタクロース。去年と同じサンタ登場。


e0362418_17044524.jpg



e0362418_17042458.jpg



e0362418_17051003.jpg


 銀座(11/1)/α7m2




[PR]
by silvergray2 | 2017-12-20 18:00 | 世間 | Comments(2)

交差点

在庫より。(11/1)
東京は今寒くて、夜間に銀ブラなんて出来るのでしょうか。



e0362418_13253093.jpg



e0362418_13255030.jpg



e0362418_13260845.jpg


 銀座/α7m2

memo
ニコンで始まった旧製品のカメラ・レンズのメンテナンスサービス、サービスセンターに聞くと、カメラはAF機能がついているものは対象外、F4は駄目。
レンズのメンテ料は、AI50/1.8sは5.9K、AI50/1.4は8.6K。1.8sはピント環スカスカ、1.4は重い、これを直すにはどうも別料金の雰囲気。
電話対応者は一時的な雇用のようで、カメラを知らない様子。
センターに直に持って行っても調書記入後預かり置き、後日メンテ適応か否かを連絡してくる模様。


ラヴィン・スプーンフル ” サマー・イン・ザ・シティー ”
動画はハロルド・ロイドの無声映画のようですが、いや凄い!





[PR]
by silvergray2 | 2017-12-16 11:18 | 世間 | Comments(4)

老舗  で考える

東京銀座、老舗で(Nov/2017)

この国で最初に作った「あんぱん」で有名な店。店内はごった返していて、わたしは直ぐに店の外に。
細は、あんぱん他いくらかのパンを買って出てきた。
帰宅後早速、期待を込めて「あんぱん」を食べると、大したことはないではないか。
パサパサした皮で、中の餡も空いている。(よく言ったもんだよ、アンパンのような頭とは)
老舗でこれまでの年月売って来てこんなもんか!
ヤマザキの「薄皮つぶあんぱん」の方が皮は薄く餡子はいっぱいで、美味いではないか!
それも5個入りだ。
ネットで感想を探すと、老舗あんぱんは酒種だからそういうもんだ、という意見もあるが、しかし、概して不評だ。
東京銀座の商売ってのは、一見さん相手で済む商売でもある。老舗の味を守る姿勢ならば良しとしても、餡子だけはいっぱいに満たして欲しいように思うよ。
ヤマザキはエライ。

e0362418_12092340.jpg


こちらの老舗レストランは、上のパン屋さんのあとに夕食に入りました。
化粧品会社のパーラーと申します。
細が入ろうかと言うんで、ではと。
エレベータガールがいて、確か3階だったか?へ案内された。エレベーターの扉が開くとそこはレストランの受付でした。
予約の有無を聞かれ、あら~、ちょっと雰囲気ちがうな~、と思ったが既に時遅し。(まあ、財布に金はある・・・(^^;)
白いクロスが掛かったテーブルに案内され、メニューを開いた係りの人はそっと身を引いた。
開かれたメニューから読めるのは何行にも渡るコース料理の名前。結構なお値段です。
細にこれにしようかと一番上に書かれたコースの御品書きを指さすと、「そんな高いの勿体無いわよ」と言ってメニューをめくり、(メニューに裏があったのだ)「私、有名だというオムライスを食べたかったの」。
え~っ、大丈夫か? 小生、自身を見栄は張る方ではないと思っているが、細は平然と注文した。
それで「オムライス」、大したことなかった。
わたしには腹の座った細の作るオムライスの方が美味かった。
(オムライス、¥2.5Kくらい済みました( ´艸`))
e0362418_12102083.jpg


e0362418_12104813.jpg



以前、上野の老舗肉料理店では田舎でも昨今は口に入らない(-_-)硬い肉を食べさせられたし、東京の老舗というのは私の期待をずっと裏切ってきています。
昔、初月給で食べた、新橋吉野家の牛丼は美味かったぁ!

 銀座/α7m2


ヘンリー・マンシーニ ”「ティファニーで朝食を」からムーン・リバー ”


ティファニーで食事はできません。(*^^*)




[PR]
by silvergray2 | 2017-11-30 18:00 | 世間 | Comments(8)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。