平成の大改修を終えた小田原城へ。
だいぶ長いこと小田原城へは行ってなかった。
城の前で仮面ライダージオウの撮影をやっていました。
こういった番組も見てないなぁ。
娘が好きだったマスクマンはピンクマスク。あとは息子がジュウレンジャー?か。
今でもやっぱりタイアップ商品でTV朝日は儲けているんだろうなぁ。


e0362418_18254585.jpg


e0362418_18260603.jpg


e0362418_17081233.jpg


今でもあるのですね、遊園地。象はどうした?
e0362418_18274002.jpg


e0362418_18281812.jpg


こちらタモリ(敬称略)がブラタモリで被った兜!だそうです。説明書きあり。
e0362418_18270159.jpg


 小田原/NEX-6



 






[PR]
by silvergray2 | 2018-09-28 18:00 | 自然 | Comments(2)

小田原ぶらぶら日記
わたしが「ういろう」を初めて食べたのは確か名古屋のものだったと思う。
「青柳ういろう」です。
その後小田原にも、「ういろう」があると知りました。
味は両方を並べて食べ比べた訳でも無いのでわかりませんが。
まぁ小生の嗜好はと言うと、ういろうと羊羹どちらかを貰えるとすれば、羊羹を選ぶ甘党。
幼き頃よりチョイと「ういろう」には物足りなさを感ずるわたくしです。

小田原ういろうの表装を見みると登録商標を取っていることからこちらが元祖かと思えば、、、
Wikipediaによれば、発祥の地は諸説あるが、小田原ではないという。
小田原「ういらう」は外郎(ういろう)薬(仁丹のような薬)を製造販売していた京都外郎家の末裔で、本家が没落した江戸元禄期に独占的に外郎薬を製造販売するようになり、去痰を始めとする万能薬として東海道名物として知られることに。
その後、明治になり、菓子の「ういらう」を販売。
名古屋の青柳ういろうもやはり明治から、、、。
これ、揉めました。山口の「赤間外郎」も同じです。即ちこれ「ういろう裁判」。

早口の練習の際に使われる「外郎売」は、歌舞伎の演目の長セリフだそうで、この外郎は薬ですね。



e0362418_17044861.jpg


e0362418_17064350.jpg


e0362418_17065802.jpg


e0362418_17071235.jpg

小田原 株式会社ういろう では今でも店内の薬局で薬の外郎を売っています。店内に入るとプ~ンと薬草の匂いがしました。
尚、小田原は「ういらう」で、名古屋の青柳総本家は「ういろう」でしょうかね⁇。




本来の歌舞伎「外郎売」はこちらです。ちょっと長いです。真ん中辺りから聞けます。



 小田原/α7m2 & NEX-6




[PR]
by silvergray2 | 2018-09-26 18:00 | 時代 | Comments(6)

小田原 クラシック_1

城下町小田原をぶらぶら。(「城下町の食器屋で」続き。)
国道1号とかまぼこ横丁をぶらぶらしてきましたが、いくつもの歴史を感じさせる建物が現在も店舗として使われています。
国道もシーズンを外れていましたので車の往来は少な目で、道路横断も容易で右にいったり左にいったりとぶらぶら散歩が楽しめました。 
   

e0362418_10202773.jpg


e0362418_10204109.jpg


e0362418_10213578.jpg


e0362418_10215708.jpg


e0362418_10222614.jpg


e0362418_10224699.jpg



e0362418_10234150.jpg


e0362418_10240678.jpg


e0362418_11283891.jpg



e0362418_10242299.jpg


e0362418_10243495.jpg

 小田原/NEX-6 & α7m2





[PR]
by silvergray2 | 2018-09-25 18:00 | 時代 | Comments(0)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。