昨夜のサッカーF組、驚きましたぁ。
NHKとTBSを切り替えながら見ていました。
ドイツは韓国に勝つだろうがスウェーデン・メキシコはスウェーデンが勝っても得失点差でドイツが上にくるだろうと思っていました。
リーグ初戦のメキシコ対ドイツではメキシコのカウンターの速さに驚きました。メキシコが決勝まで進むだろうと想像しましたが、昨夜はまったくカウンターが通じずサッカーの面白さというか難しさをしりました。
スウェーデンは得点を重ねるし、ドイツは点が入らず、勝っても得失点差で負ける結果がどんどん近づき、それでも一点は入れるだろうと思っていましたが、以前の日本代表のようなゴール前の様子に心配すらしていました。
結局、ドイツは負け、スウェーデンはグループ1位メキシコ2位の大番狂わせ。
今日、日本はスタメンを6人変えるとか?、まあそこまでの人数の入れ替えはないでしょうが、これまでの戦い方が今日も出来るか?どうでしょうね。
せっかくここまで来たのですから決勝トーナメントには進んで欲しものです。引き分けでイイですよ。上等です。




e0362418_11380890.jpg


e0362418_11363889.jpg


e0362418_11371550.jpg


e0362418_11394696.jpg


e0362418_11402601.jpg


e0362418_11434245.jpg


e0362418_11451393.jpg



e0362418_11412395.jpg


e0362418_11414222.jpg

TVの解説は都並さんが守備の陣形や選手個人の位置取りの上手さを詳しく説明してくれて楽しいですね。都並が一番!
でも今日は残念ながらフジです。

 池/伊東市
 /α7m2








[PR]
by silvergray2 | 2018-06-28 12:27 | 自然 | Comments(4)

もう終演の七変化。田んぼを周る農道に咲く紫陽花です。
色の褪めだした紫陽花も乙なものです。

先日、ことしもまたサルが出てきましてね。
サルたちは遠回りをしない。笹竹の深い山を進まず我が家の屋根を道がわりに飛び回る。
どったんどったん音を立てるので、あぁまた来やがった、と、玄関に置いてあったカミさんの傘を持ち、表に出てサルに向かい傘を槍がわりに振り回すが、子ザルと母ザルは屋根から柿木に飛び移りそそくさと我が家を後にしたが、父ザルだろうか体の大きなサルは、キョトンとこちらを見るも一向に柿木に移らず、屋根の上で顎の下を掻き続ける太々しさ。
こちらも無視された怒りがあり、更に大きく傘を振り回し、やっとそれでものしのしと屋根を離れた。
教訓。傘は女物ではなく、男物を使用すべし!


e0362418_21542653.jpg


e0362418_21581117.jpg


e0362418_21591973.jpg


e0362418_22022807.jpg


e0362418_22002352.jpg


e0362418_22005338.jpg


e0362418_22032642.jpg

落としてヘリコイドの回らなくなったレンズですが、縁が凹み鏡胴部が伸びなくなっていました。
ペンチで凹んだヘリコイドの縁を元のように力業で修正しなんとか鏡筒の伸び縮みができるようになり、ピントを決められるようになりました。
実際は光軸がずれているかもしれませんが、そこはわたしには分かりませんので、気にしようもありません。
取り敢えず試写は紫陽花で。


 池/伊東市
 /α7m2







[PR]
by silvergray2 | 2018-06-26 22:21 | 自然 | Comments(2)

イタリアの車です。現代でもフェラーリやランボルギーニなど個性豊かな車を生産しています。
知り合いの大工さんもかっては小ぶりな デ・トマソ ターボ に乗っていました。

フィアットは私が若かった頃にはツーシーターミッドシップのX1/9がオシャレでしたね。
また傘下のランチア・ストラトスがラリーで華々しい活躍を見せていました。
以前のイタリアではメーカーのエンジン・シャーシにボディーのデザインを担う工房が数多くあり、デザインを競っていました。
今でもピニンファリーナは健在です。
現在、工芸品から自動車・電車等あらゆる業界で活躍するデザイナー奥山清行氏はピニンファリーナでフェラーリのデザインに携わりましたが、今回のラリーでは アバルト750ザガート を運転していたようです。
尚、この車をデザインしたザガート社はトヨタとも付き合いがあり、2006年、ハリアーザガートが250台限定発売されました。



FIAT 508 バリッラ ベルリネッタ ミッレミリア 1935
e0362418_15274556.jpg


e0362418_15275787.jpg


e0362418_15392752.jpg



FIAT スタンゲリーニ 750S ミッレミリア 1953
e0362418_15423909.jpg


e0362418_15425091.jpg



FIAT アバルト 750GT ザガート 1959
e0362418_16072685.jpg




モット MG SPECIALE
e0362418_17282538.jpg


e0362418_17290105.jpg


e0362418_17291602.jpg




 Classic Japan Rally 2018 in HAKONE /下田
 /D7000







[PR]
by silvergray2 | 2018-06-24 12:00 | 時代 | Comments(2)

「背筋を伸ばしてください。顎を引いて。」
昨日は健診。
身長の計測、おっ身長3mm伸びた~~。
腹囲はセンチで伸びた~。


e0362418_17500829.jpg


e0362418_17502776.jpg


e0362418_17520146.jpg


e0362418_17523696.jpg


e0362418_17525533.jpg


e0362418_17530866.jpg


 下田市/D7000







[PR]
by silvergray2 | 2018-06-22 18:05 | 世間 | Comments(4)

サッカー日本代表、勝ちましたね~。
コロンビアに勝っただけでも今回のワールドカップに出場した価値は見つかったのかもしれません。
これまでの戦いぶりが酷かったですからね。
まあ次戦のセネガルも突破してもらいたいものです。
ここまでは当たり前の感想ですが、しかし、二選手の起用にはどうも納得できない。
本田はボディーコンタクトが強いというのは以前の大会までで、今は寄せられてボールを取られるケースが多い。
今回も取られてからカウンターに繋がり、ゴールを脅かされた。
チームのリズムも変わり、テレビ見ていて、愚痴が飛び出し、不安が増すのです。
もう一人、GK川島。昨日の得点されたFKの場面でもそれほど強くないシュートに、体の動きが遅いのでは。
周りとの連携はどうなのか。試合最後の長友が外に蹴り出し、結果、コーナーキックを与えた場面です。
あそこは川島がキャッチできたのでは。川島から蹴り出しの指示があったのか?、長友は川島に信頼感が持てず蹴り出したのではないか?と。
結果、ボールはタッチラインに出ず、コーナーを与えてしまった。
もし試合終了のホイッスルが鳴らず、もう1プレーがコーナーキックから始まっていたら、どうなっていたか分からないですよ。
ワイドショーでの元選手の解説も、もうちょっと悪かった点も指摘して欲しいものです。
「半端ない大迫」も半端だらけ。これまでも今回も何本シュート外すんだよ!

(体育の選択はサッカーで、試験のトラップは「腹」トラップで「優」をもらった、silvergray でした。( ´艸`))


e0362418_16444778.jpg


e0362418_16453657.jpg


e0362418_16545833.jpg


e0362418_16554761.jpg


e0362418_16570614.jpg


 城山公園/下田市(6/03)
 /D7000



[PR]
by silvergray2 | 2018-06-20 17:47 | 自然 | Comments(0)

梅雨らしく雨が降ったりやんだりの土曜日、今日はトライアンフ。
今の若い人にトライアンフと言えばオートバイが頭に浮かぶのでしょうが、わたしたちの子供の頃は車。
「スピットファイア」なんて車は流麗なスタイルで今の時代にあっても古色を感じさせず、優雅さを際立たせます。
トライアンフ最後の車は「アクレイム」というセダンで、これはホンダ「バラード」をライセンス生産した車でした。
現在トライアンフの名義はBMWが持っているとのことです。


TRIUMPH TR2
e0362418_09553533.jpg


e0362418_09554816.jpg


e0362418_09563117.jpg


e0362418_09564373.jpg


e0362418_09572305.jpg


e0362418_09573736.jpg


e0362418_09585292.jpg


e0362418_09591805.jpg


TR3A
e0362418_11064776.jpg


e0362418_11070069.jpg


 Classic Japan Rally 2018 in HAKONE /下田
 /D7000






[PR]
by silvergray2 | 2018-06-16 12:00 | 時代 | Comments(4)

JAGUAR !
以前は「ジャガー」とメディアは書いていましたが、後に巷の訳知りは「ジャグァ」が正しいと言い、今日調べるとジャグァはアメリカ英語で本家英国ではジャギュアだとか、、、。
今、ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社は「ジャガー」です。

わたしのとってジャガーは赤のEタイプ!。
まあ子供の頃にEタイプのプラモデルを作っただけのことなんですがね。
タミヤだったと思いますが、プラモでボンネットが開くのは、画期的だった記憶があります。
ハブを覚えたのもこのときで、ワイヤーホイールもカッコよかったですよ。
もうひとつ、フォーサイスの「オデッサ・ファイル」に出てくる主人公のドイツ人ルポライターが乗る車、XK150Sです。
今回はXK140が来ていました。150は140の後継車で、スタイリングは140のほうがわたしは好きですね。
もっともこのラリーで一番注目したのはXK120のほうでした。いやなんとグラマラス!
これらのスポーツカーは後のEタイプ誕生に繋がります。


XK140 OTS(オープン・ツー・シーター)
e0362418_10390238.jpg


e0362418_10392513.jpg


e0362418_10404258.jpg


XK120 OTS
e0362418_10424588.jpg



e0362418_10415232.jpg



e0362418_10590798.jpg



e0362418_10431084.jpg

 Classic Rally Japan 2018 in HAKONE / 下田
 /D7000
 


ジャガーではなくタイガーで、、、




[PR]
by silvergray2 | 2018-06-15 10:50 | 時代 | Comments(0)

昨日先輩のブログを見ていたら、6月9日は語呂合わせで「ロックの日」とのこと。
外は雨。ちょっと、日本のロックを。
YouTubeで「それはテケテケから始まった」と題された動画を見ました。
ロックはエレキ!そんな日本のエレキギター奏者、エディー蕃、寺内タケシ、かまやつひろし、井上堯之、鈴木茂、鮎川誠、char、が登場。
昔のギター少年にはたまらなく懐かしく、当時のエレキへの共通した思い入れも聞くことができ楽しかったです。
今はフェンダーでもギブソンでも簡単に手の入る時代ですが、60年代は高価で、楽器店でも置いてあるのは日本製エレキ。
プロもアマも使うのはテスコ、グヤトーン、エルク等。グヤトーンのリッケンバッカーモデルは垂涎の的で眺めていました。
もっとも、かまやつさんや堯之さんは本物のリッケンを使っていましたが。
そんな話の中で大笑いしたのは「Fuzz:ファズ」の話。ファズは音を歪ませる装置。R・ストーンズのサティスファクションの歪んだ音です。
小さな箱で足の裏でスイッチをポンと踏み効果を出すのですが、米兵やアメリカンスクールの生徒と付き合いがあり、音楽情報の入手は早いエディー蕃でさえファズボックスの存在を知らず、アンプのスピーカーに穴を開けたとか。
Charは、フェンダー(Fender)のファズが日本に入ってきた!と楽器店で初めて見ると即買い、家で品物をよくよく見るとファズダー(たぶんFuzderのスペルでしょうね)だったとか。
日本のエレキの黎明期の今となれば笑い話が、いっぱい聞けて楽しかったですよ。


e0362418_15222720.jpg


e0362418_15224236.jpg


e0362418_15240670.jpg


e0362418_15244347.jpg


e0362418_15251083.jpg


e0362418_15260787.jpg


e0362418_15304372.jpg

 城山公園/下田市
 /α7m2









[PR]
by silvergray2 | 2018-06-10 15:33 | 自然 | Comments(2)

梅雨に入りました。湿度も上がってきました。
台風の心配もしないといけません。
やれやれ、なかなか自分にとって都合のよい季節は続きません。


e0362418_12101677.jpg


e0362418_12111558.jpg


e0362418_12115460.jpg


e0362418_12140936.jpg



e0362418_12153480.jpg


e0362418_12172009.jpg


この間、「属人的」という言葉をネットの中で発見。
すごいキツイ言葉だなぁ、たぶんパソコンが日常に使われるようになり出来た言葉ではないか?と感想。
PCがDOS、Windows初期の時代ではファイルの「属性」をたびたび目にしたり、変更を加えることがありました。
今ではほとんど気にすることはなくなりましたが。
で、その「属人的」ですが、「業務が組織だっていないため担当者の経験や勘にたよること」だそうです。
近頃の言葉使いは昭和の時代からすると、稚拙な言い回しが多いように思うのですが(自分のことはさて置きm(__)m)、えらく難しい言葉も生み出しているのですね。


 城山公園/下田市
 /α7m2








[PR]
by silvergray2 | 2018-06-09 12:38 | 世間 | Comments(2)

今回は MG を。
MGも子供の頃から聞き覚えた車名。ミジェットは小型オープンスポーツカーで、映画やTVによく登場していましたから。
MGのブランドは社名モーリス・ガレージ(Morris Garages)(1910年発足)が由来のようです。
MG・カー・カンパニー からモーリスと会社はその後幾つかの変遷を経て中国系企業の傘下へ。


MG TA (1936年)
e0362418_16341645.jpg


e0362418_16344517.jpg


e0362418_16391588.jpg


e0362418_16361664.jpg



MG PA (1934年)
e0362418_17000415.jpg


e0362418_16430355.jpg




MG TD (1952年)
e0362418_16574028.jpg



e0362418_16562400.jpg



e0362418_17031567.jpg


 Classic Japan Rally 2018 in HAKONE /下田
 /D7000












[PR]
by silvergray2 | 2018-06-07 18:00 | 時代 | Comments(4)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。