人気ブログランキング |

赤い頭巾

林泉寺 赤い頭巾の石仏さん 
新年になり新しい頭巾になったのでしょうね。
タムロン52B試し撮りです。


e0362418_18075199.jpg



e0362418_18081386.jpg



e0362418_18083799.jpg



e0362418_18085350.jpg



e0362418_18091487.jpg



e0362418_18092876.jpg



e0362418_18094087.jpg


タムロン 90mm 52B マクロを手に入れました。タム9初代になります。
同マクロ272Eは既に使っていますが、ニコンに着けています。
α7用に絞りリングのある過去の型のタムロン90mmマクロを探していました。
中古であっても人気のあるレンズで、眺めるネットオークションの落札額は商品の確実性は眉唾物で怖さも手伝い、わたしにはちょっとお高い。

先日、アダプトールなしのジャンク扱いで52Bを見付けました。
ジャンクと表示された品は今まで手を出したことはないのですが、しかし、対応するアダプトール(アダプター)は幾つか持っている。
商品画像ではレンズの色が青ぽく、これがコーティング色であっても曇りに起因しているのなら入札は見送るのですが、どうも曇りはなさそうと判断。
(今までネットオークションを見続けてきて、タムロンのレンズでカビや曇りの出ている品は比較的少ないように感じています。)
まあ博打に負けても村香典(田舎の話です)程度なら、苦笑いで済ませられるし、、、。
そんな金額で入札し落札しました。

届くと、曇りは無いようでした。LEDの光で見てレンズに汚れか傷が見えましたが、クリーニング液で拭くと前玉に薄い拭き傷が少々残った程度で、金額からすれば先ずは満足。
272Eは手振れには厳しくSSに気を付けつけながら使う難しいレンズだと思っていますが、α7はカメラ側の手振れ補正があって、絞り開放でも使い易そうです。


 林泉寺/伊東市
 /α7m2


by silvergray2 | 2019-02-01 18:20 | カメラ機材 | Comments(4)

続・ミハマシックス

昨年末下田”しゃしんはうす”さんへ

地元新聞で”しゃしんはうす”さんが紹介するミハマシックス(スプリングカメラ)の記事を見て興味がわき、結局、ネットでミハマシックスSを購入。
(元ブログ記事はこちら
店の前を歩くとショーケースにミハマシックスを発見。

内気なわたしですが大きな深呼吸ひとつ、店の引き戸を開けて店内へ。
いろいろカメラの話を聞かせていただきました。(お仕事を邪魔して申し訳なし)
ミハマシックスはこちらでは5,6台あったでしょうか、その中で、富岡のレンズを付けたミハマシックスを紹介していただきました。
ネットの噂で聞いた富岡のレンズを付けたミハマシックスのようです。
正式名は「ミハマ・ライムシックス」と呼ぶのでしょうか。本邦初公開?な写真かもしれません。(笑)


e0362418_11544867.jpg


焦点距離8cm 1:3.5 (店でクローズアップレンズをお借りしました。)
e0362418_11550008.jpg



e0362418_11551518.jpg


尚、こちらに置かれたミハマシックもほとんどがヘリコイドが固着。一台まわるものがありました。
わたしのミハマシックSも回りません。分解に挑戦するつもりでいましたが、聞けばヘリコイドをドライヤーで手で触れなくなるくらいまで温めて力業で回して直したとのこと。
おぉ!
どうせジャンクで安いカメラですので、わたしも一度挑戦しようと思っています。


 しゃしんはうす/下田市
 /α7m2


by silvergray2 | 2019-01-11 12:50 | カメラ機材 | Comments(4)

今日はニコン Capture NX-D の現在のバージョンにあるピクチャーコントロールを使ってみました。
現バージョンではカラーコントロールポイントがさりげなく追加されています。
以前はNX2に搭載されていた機能で部分的に明度、色相等の修正ができ使い勝手も良い便利な機能でした。
しかしNX2はNX-Dの登場によりソフト開発はストップ。NX-2に統合されると思われたこの機能がいつまでたっても搭載されないことに疑問をもっていたのですが、やっと装備されました。
ちょっとまだNX2の使い勝手の良さには及びませんが喜ばしいことです。これでNX-Dもニコンの標準画像編集ソフトと呼べるものになったのではないでしょうか。
あと、ピクチャーコントロールですが、いままでも自作の設定で呼び込めた機能ですが、わたしはそこまで拘った使い方はしていませんでした。
今回からはニコン標準の画像パターンとでも言いましょうか、今までの「スタンダード」「ビビッド」等に加え、新たに「ドリーム」「ポップ」「モーニング」等が選べるようになっています。
で、今日はそんなピクチャーコントロールを使って遊んでみました。


e0362418_11483297.jpg
1



e0362418_11490004.jpg
2



e0362418_11491552.jpg
3



e0362418_11492975.jpg
4



e0362418_11494429.jpg
5



e0362418_11495859.jpg
6



e0362418_11501381.jpg
7


 1-3:「デニム」 4-7:「トイ」
 /D7000 /retouched by Nikon Capture NX-D



画像はオフィシャルを使っていますので、、、








by silvergray2 | 2018-11-15 12:30 | カメラ機材 | Comments(2)

生前形見分け

「生前形見分け」と称して、α7IIを戴いてしまいました。以前勤めていた会社の先輩からです。
形見分けなんて言ったて、当のご本人はまだ70歳にも届かない若さなんですがね。
今年の春先、NEX-6を手に入れ、その軽さ使い易さに惚れて、Aさんとの電話で、α7IIを下取りに出す時があったら、教えてくださいわたしに買えるものなら買います。と言ってしまったのが、今回の形見分けの成り行きの発端。
遠慮はしましたが、戴くことになりました。

α7II、試し撮り。
デジタルでフルサイズ。しばらくは主に古いレンズを本来の画角で楽しみます。


 FE 24-240/3.5-6.3 OSS
e0362418_00270538.jpg


e0362418_00271494.jpg


e0362418_00272645.jpg


NIKKOR AI 50/1.4
e0362418_00291411.jpg



e0362418_00274717.jpg


e0362418_00281207.jpg


e0362418_00285427.jpg


e0362418_00275835.jpg


e0362418_00290366.jpg

ミラーレス一眼。シャッター押すと二度のシャッターショックが伝わり、何だろうと調べると、なるほど。
まず先幕シャッターが降りてきて、撮像センサーをリセットし、次に先幕、後幕でスリット露光の手順。
ならば先幕を電子先幕シャッターで代用すれば、二度のシャッターショック、シャッター音はなくなる。
設定を変え、これで良しと、、、。
今回はその結果ですが、わたしD7000を使うときはISOは200或は400を主に使います。最高シャッタースピードは1/8000sですから絞り優先で撮る際は手振れを防ぐためにSSを意識してISOを決めています。
α7IIも最高SSは1/8000sで1/4000sより速いSSも問題ないはず。
ところが、下から二枚目の写真が一番分かるのですが、縦構図の左側に明らかに露光不足が発生。この時のSSは1/6400(ISO100)。
調べると電子先幕シャッターを使った場合の欠点でした。説明書にも高速SS・大口径レンズを使用する際の注意書きがありました。
今は電子先幕シャッターを「切る」の設定に戻しました。
フルサイズになると、ミラーレス一眼を作る方も機械的なハードルはかなり高くなるのですね。


by silvergray2 | 2017-08-16 10:43 | カメラ機材 | Comments(2)

10日に河津と同じように始まった南伊豆町の「みなみの桜と菜の花祭り」。
昨日は風が強く冷たかったのでポケットに手を入れてのブラブラ歩き。
レンズはこれも40年以上前のペンタックス Super-Multi-Coated MACRO-TAKUMAR 50/4 と 現在のソニー E PZ 16-50/3.5-5.6 OSS 。
s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4.0 は このところ年一回程度、レンズの虫干しで使っていました。
マクロ(接写)レンズはニコン用のタムロン90/2.8Di を常用にしていることと、本家ペンタックスK20Dの液晶モニターがどうも気に入らず、このレンズを持ち出す機会が減りました。

NEX-6はモニター、シャッターを押した余韻なども気に入って、50mmレンズの撮り比べ、今回はこちらのレンズで楽しみました。
絞りは開放でもF4。現在のカメラからすれば、マクロとすると明るくはないのですが、販売されていた当時のマクロレンズは本来の写真複写を目的に設計された質実剛健なレンズ。優しいボケが評価に加わる現代のマクロレンズとは立場が違います。
でもマクロ・タクマー50もただ固い訳ではありません。
頑固一辺倒と思われている私に似て実は柔らか、そんなレンズなのです。よろしくm(__)m


 s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4.0 (F4.0開放)

e0362418_12213235.jpg


e0362418_12265584.jpg


e0362418_17523746.jpg


e0362418_12305209.jpg


e0362418_12324605.jpg


e0362418_09454172.jpg



e0362418_12372801.jpg

e0362418_09540158.jpg



e0362418_12402241.jpg




 E PZ 16-50/3.5-5.6 OSS

e0362418_12411305.jpg


e0362418_12432874.jpg


e0362418_12434065.jpg


ミラーレス一眼のNEX-6、マウントアダプターを付けていろいろなメーカーのレンズをマニュアルフォーカスで楽しむことができます。
焦点距離50mmのレンズは好きなだけにいろいろレンズコンテナーに集まっています。ニコンの3本は別として、あと、OMの一本がありますが、どうするか、、、
またアダプターを買うか。やや食傷気味でもあります。

 青野川河畔/南伊豆町
 /NEX-6














by silvergray2 | 2017-02-12 13:06 | カメラ機材 | Comments(4)

さくら祭り(河津)

河津の山間部に出かけたので、帰りに今日から始まった河津川河畔の桜まつりの様子を。
レンズはリケノン50/2.0とE-PZ 16-50 3.5-5.6 OSSを持ちました。
毎年思うのが上流域の方が開花が早い。下流域のほうが海に近く暖かいと思うのですが、日当たりの加減か。

 E-PZ 16-50 3.5-5.6 OSS
e0362418_18154968.jpg


e0362418_18161001.jpg



 XR RIKENON 50/2.0

e0362418_18180876.jpg


e0362418_18182254.jpg


e0362418_18190676.jpg


e0362418_18193843.jpg


e0362418_18195286.jpg


リケノン50mm/F2.0、K20Dに付けていたときにはコントラストはかなり浅いという感想でしたが、NEX-6につけるとやや浅めかと思うくらいです。
シャープネスは前二本のレンズより高く、ボケは優しく、Nex-6で桜を撮るにはリケノンが一番か、そんな感想です。
もう一本 S.M.C 50/4.0 のマクロがありますので、この次はリケノンと、このマクロでまた遊んできます。
(毎回同じような構図ですが、馬鹿の一つ覚えは自覚しております。(^^;)

 河津川河畔/河津町
 /NEX-6









by silvergray2 | 2017-02-10 18:34 | カメラ機材 | Comments(4)

初桜(河津桜) その二

前記事でイエナ・テッサー 50mmF2.8 を使った写真を載せましたが、取り敢えず感想を。
ネットではコントラストが高いという感想を多く見て、影が黒く潰れるというような画像も載っていました。
フィルムで使ってみてややそういった傾向は感じましたが、今回、NEX-6に付けて見た写真からは感じませんでした。
これは、それぞれの方のカメラの設定にもよりますね。わたしは「スタンダード」に設定。
「風景」に設定している場合、コントラスが付きますので、影は濃くなりますね。
しかし、黒潰れ、白飛びを避けるため、今のカメラは階調を緩くできる設定もありますので、一様に判断は出来ません。
(実は、古いE-510で少し写したときに、「ナチュラル」でもかなり黒が出ました。)
シャープネスは、開放絞りが2.8とはいえ、やはり開放時は柔らかい描写になりました。わたしには好ましく桜にはちょうど良いように思います。
(これも、好みによりカメラの設定でシャープネスを上げれば済むことですが)
鷹の目テッサーを期待するなら、少し絞るようになるのでしょう。

SMC TAKUMAR 55/1.8(M42)ですが、こちらも絞り開放で撮りましたが、F1.8となると、ボケも大きくなり、テッサーよりは柔らかになります。
現代のレンズから比べれば、ボケは固いのでしょうが、時代の味合いですね。(笑)
フィルム時代にボケを楽しんでいないわたしには、楽しいものです。
シャープネスはテッサーと同じくらい、やはり日中の開放ですからね。もっとも順光で花弁を写すとなると、シャッタースピードは1/4000secでは足りません。
両方のレンズが活躍していた時代は同じ頃だと思いますが、コーティングはイエナ・テッサーがややフレアを見る写真もありましたが、ペンタックスのスーパーマルチコートは立派ですね。
今のレンズは綺麗にキッチリと写ってあたり前の時代。オールドなレンズはファインダーを通し、時代の深さを味合いつつ、ピントを手で合わせる。これが楽しみ、これが肝要です。

F1.8開放(1-8)
e0362418_15394155.jpg


e0362418_15415837.jpg


e0362418_15444685.jpg


e0362418_15454726.jpg


e0362418_16054363.jpg


e0362418_15482314.jpg


e0362418_16004408.jpg


e0362418_16011414.jpg

F5.6
e0362418_16030527.jpg




e0362418_18022060.jpg



 河津川河畔/河津町
 /NEX-6











by silvergray2 | 2017-02-08 18:04 | カメラ機材 | Comments(6)

初桜(河津桜)

ペンタックスK20Dが壊れ、オールドなペンタックス他M42レンズとKマウントレンズが使えなくなりました。
マウントアダプターを使いE-510で遊ぶことは出来ても、どうにもセンサーの性質等もあって使い辛く、今後色々なレンズをマウントアダプターで遊ぶには最適なソニーNEX-6を求めました。
普段使うD7000は発売からすでに6年が経ちますが、NEX-6は4年ということで、私にとっては最新型のカメラ、、、。
ソニーのカメラについては家電屋のカメラなどと言われたり、まあ修理の対応が実際そうらしいのですが、多少疑問符が頭に浮かんでいたのも忘すれ、これが、いやいや想像よりも良い出来。
電池が持たないのが玉に瑕なんですが、フル充電で4時間は難しいかもしれませんが、3時間は大丈夫そうなので、なんとか納得。
有機ELのEVFも見易く、ピントもつかみ易い。ストレスなしに初桜を楽しみました。

レンズは今回 CARL.Z JENA DDR TESSAR 2.8/50 と 次回 SMC TAKUMAR 1.8/55(M42) で 。
東ドイツ時代のイエナ.テッサーがどんな写りをするのか、デジタルで味合います。

F2.8開放 (1-8)
e0362418_17531632.jpg


e0362418_18034293.jpg


e0362418_17561411.jpg


e0362418_17565393.jpg


e0362418_17575551.jpg



e0362418_17584883.jpg


e0362418_18000413.jpg


e0362418_18062423.jpg


F5.6
e0362418_18012952.jpg


 河津川河畔/河津町
 /NEX-6(スタンダード)










by silvergray2 | 2017-02-07 18:19 | カメラ機材 | Comments(2)

silvergray の ブログ第二巻目 智に働けば角が立つ、情に棹させば流される、意地を通せば窮屈だ。真にその通りな人の世を渡っています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31