門松立つ

クリスマスの朝、造園屋のトラックの荷台には整然と並べられた門松が載り、通り過ぎていきました。
ホテル、マンションに向かうのでしょうが、どうせお金を出して買うのだから早く飾りたいってことかな?
わたしは今までは30日にお飾りを着けていましたがこの暮れは明日(28日)にします。
30日は寒そうなんです。( ´∀` )
(門松立つ:季語)

e0362418_16463816.jpg



e0362418_16445658.jpg



e0362418_16451600.jpg




e0362418_16465332.jpg



e0362418_17424933.jpg




e0362418_16471296.jpg



e0362418_17412004.jpg
 長谷寺/桜井市/奈良県
 /D7000






Commented by gaku0107boo at 2018-12-29 14:38
こんにちわ!
よくよく思い出せば我が家は親父の代から門松を飾ったことがなかったんですねぇ。(汗)
理由はうろ覚えですが、親父の代に近所のガキンチョにイタズラされて壊されたことがきっかけだったように憶えています。
今はマンション住まい、益々正月気分が希薄になりました。
正月、実家に行きますが、やっぱり門松は飾ってないだろうなぁ。^^
Commented by silvergray2 at 2018-12-29 17:52
>>岳の父ちゃんさん
我が家の門松は商店などで飾る立派なものではなく、素朴なもので、枝のついた真竹1.8m程度一本に若松の枝50cm程度一本、それと本来なら梅の枝なんですが、梅はないので使いません。
竹と松二組を左右の木杭に縛って完了です。
しかし、これも近頃はやらない家が多いようです。

状態の良い竹がなくなりましたし、来年はどうしようかと思っています。
注連飾りも父が存命中は作ってくれましたが今はホームセンターのもので間に合わせています。

そうそう、今日、富岡の昭和30年前後のものと思われるレンズを触ってきましたよ。
by silvergray2 | 2018-12-27 17:53 | 世間 | Comments(2)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。