あじさい つれづれ日記(七)

もう終演の七変化。田んぼを周る農道に咲く紫陽花です。
色の褪めだした紫陽花も乙なものです。

先日、ことしもまたサルが出てきましてね。
サルたちは遠回りをしない。笹竹の深い山を進まず我が家の屋根を道がわりに飛び回る。
どったんどったん音を立てるので、あぁまた来やがった、と、玄関に置いてあったカミさんの傘を持ち、表に出てサルに向かい傘を槍がわりに振り回すが、子ザルと母ザルは屋根から柿木に飛び移りそそくさと我が家を後にしたが、父ザルだろうか体の大きなサルは、キョトンとこちらを見るも一向に柿木に移らず、屋根の上で顎の下を掻き続ける太々しさ。
こちらも無視された怒りがあり、更に大きく傘を振り回し、やっとそれでものしのしと屋根を離れた。
教訓。傘は女物ではなく、男物を使用すべし!


e0362418_21542653.jpg


e0362418_21581117.jpg


e0362418_21591973.jpg


e0362418_22022807.jpg


e0362418_22002352.jpg


e0362418_22005338.jpg


e0362418_22032642.jpg

落としてヘリコイドの回らなくなったレンズですが、縁が凹み鏡胴部が伸びなくなっていました。
ペンチで凹んだヘリコイドの縁を元のように力業で修正しなんとか鏡筒の伸び縮みができるようになり、ピントを決められるようになりました。
実際は光軸がずれているかもしれませんが、そこはわたしには分かりませんので、気にしようもありません。
取り敢えず試写は紫陽花で。


 池/伊東市
 /α7m2







[PR]
Commented by ame3 at 2018-06-27 11:26 x
血圧が上がりますね~ なんなら傘の代わりに、5Mまで伸張できる、赤いペイントしてるノコギリ お貸ししましょうか?

身体のガタガタと同様 家の方もあちこち連鎖反応を起こしてます。今朝 配送担当者から配達時間の連絡が在ったのですが、最後に「2台ですよね」って
2台同時というのは珍しいのかなと思ったら、室内器15キロ 室外器44キロ とあるじゃないですか。その倍 一人じゃ無理ですよね。

レンズ ヘリコイド大丈夫? 今散歩に使ってる28-300mm 遠近する所のラバーの接着が浮いてきて微妙に浮き上がるのです。アロンアルファーかな。

今考慮中レンズ 「シグマ100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」。  重さ1,160gで、上記が800g シグマ150-600mmが1,930gだから持ち歩くには、大丈夫かなと。
それに 所持してるSIGMA TELE CONVERTER TC-2001が装着可ですので、200-800mmレンズとして使えるようです。

さて 我が家にきたいのかな?
Commented by silvergray2 at 2018-06-27 17:19
>>ame3さん
数年前にはトマトをやられましたからね。
追っ払ったのはいいけど、近所のYさんが作るトマトが心配になりました。
>5Mまで伸張できる、・・・
大丈夫ですわたしのところにもありますから。
富士山に登るときにつかう金剛杖が用意してあるのですが、事務所においてあったので、近くにあった傘を手にしました。
サルに威嚇される場合もあるので、武器は必要なんです。

エアコンってそんなに重量があったのですか!室内機の下に寝るのは気を付けないといけませんね。

α7は大丈夫でした。オートフォーカスが大丈夫でしたから。
修理したレンズは中古の並みのツァイス・テッサーですので、諦めも早かったのですが、修理を勧める方がいて、よくよく見ると分解も必要なさそうで、ペンチの力業で復活しました。
ラバーの浮きはちょくちょく聞きますね。でもニコンでは珍しいかもしれません。

シグマの新100-400、評判のよいレンズだったように思います。
この長いの付けてウォーキングとなると、歩行時のバランスはどうでしょう。
でも、レンズは来たいと思っているはず(笑)


by silvergray2 | 2018-06-26 22:21 | 自然 | Comments(2)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。