Classic Japan Rally より  伊太利亜車(一)

イタリアの車です。現代でもフェラーリやランボルギーニなど個性豊かな車を生産しています。
知り合いの大工さんもかっては小ぶりな デ・トマソ ターボ に乗っていました。

フィアットは私が若かった頃にはツーシーターミッドシップのX1/9がオシャレでしたね。
また傘下のランチア・ストラトスがラリーで華々しい活躍を見せていました。
以前のイタリアではメーカーのエンジン・シャーシにボディーのデザインを担う工房が数多くあり、デザインを競っていました。
今でもピニンファリーナは健在です。
現在、工芸品から自動車・電車等あらゆる業界で活躍するデザイナー奥山清行氏はピニンファリーナでフェラーリのデザインに携わりましたが、今回のラリーでは アバルト750ザガート を運転していたようです。
尚、この車をデザインしたザガート社はトヨタとも付き合いがあり、2006年、ハリアーザガートが250台限定発売されました。



FIAT 508 バリッラ ベルリネッタ ミッレミリア 1935
e0362418_15274556.jpg


e0362418_15275787.jpg


e0362418_15392752.jpg



FIAT スタンゲリーニ 750S ミッレミリア 1953
e0362418_15423909.jpg


e0362418_15425091.jpg



FIAT アバルト 750GT ザガート 1959
e0362418_16072685.jpg




モット MG SPECIALE
e0362418_17282538.jpg


e0362418_17290105.jpg


e0362418_17291602.jpg




 Classic Japan Rally 2018 in HAKONE /下田
 /D7000







[PR]
Commented by gaku0107boo at 2018-06-24 13:13
こんにちわ!
やはり強烈な個性ということではイタリア車ですよね。
もう「嫌いなら乗ってkureruna!」みたいな、パンチ力があります。でも、そんな中、フィアット500はすきですねぇ。
一度ハンドルを握ってみたいものです。^^
Commented by silvergray2 at 2018-06-25 22:03
>>岳の父ちゃんさん
いや~イタリア車はオシャレですね!
イタリアの車を見てドイツ車を見ると、独車は合理性を纏った車のように感じます。
伊車の良さ、現在伊車に乗る人の気持ちがわかる気がいたします。
by silvergray2 | 2018-06-24 12:00 | 時代 | Comments(2)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31