ココカラファインのサクラ

ココカラファインの大島桜(2/25)

近所でもっとも早く咲く桜は川奈ホテルとこちらの大島桜。
一般には河津桜の後で大島桜が咲くのですが、上記の二本の大島桜は早咲きです。
大島桜は大木となり、枝も大地の上に広く張り出しその下に入ると気持ちのよいものです。
写真の桜は以前は旧家の庭にあったのですが、家が壊され新たに料理店となり、更にその後セイジョーが新築されて駐車場の一角に残された桜です。
この日は前日より花粉症でクシャミ鼻水たらりんで柔らかティッシュを求めにこちらの店に飛び込みました。
交差点の脇にあり、伊豆高原に春を告げる名木であります。

e0362418_11203972.jpg



オールド、と言っても私の手元にあるレンズの中では比較的新しいレンズになりますが、AI Micro-NIKKOR 55mmF2.8S (セコハン)をポチっとしてしまいました。
尚、このレンズは現在もニコンで販売中で40年近い息の長いレンズとなっています。
早速、試写いたしました。

F2.8
e0362418_10282215.jpg


e0362418_10291763.jpg


e0362418_10295980.jpg


e0362418_10302921.jpg


e0362418_10310855.jpg


F4
e0362418_10315295.jpg


e0362418_10324227.jpg


e0362418_10335326.jpg


e0362418_10350107.jpg


最初の印象はD7000のファインダーを介し見るレンズの先は見易く、ピントは合わせやすい。
タムロンの90mmマクロのピント合わせはかなり気を遣いますが、55mmマクロ(マイクロ)はカメラ手持ちでも気楽に撮れます。
このレンズはマクロレンズ本来の目的に沿い、素直な描写をするように思います。
もう少しD7000で使い、α7でも使ってみたいと思います。


 伊豆高原/伊東市
 /D7000


[PR]
Commented by gaku0107boo at 2018-02-26 20:09
こんばんわ!
同じマイクロニッコールでもクセノタールタイプのF3.5は気難しい面がありますが、F2.8Sは使いやすいですね。
F2.8Sはワタクシがまだ20代の頃に買いましたが、一時期はこれ一本で撮ってました。
マクロ域はもちろん遠方の風景もこなしますし、悪い部分が見当たらないんです。

誰もが認める名レンズと思います。^^
Commented by silvergray2 at 2018-02-27 20:00
>>岳の父ちゃんさん
レンズに構成タイプがあるのは知っていましたが、コメントに従ってちょっと調べてみました。
なかなかタイプごとに特徴があるようですね。
面白そうです。タイプ別にレンズを追ってみようか、という気になりました。
いやいやマズイ。今回もカミさんには内緒ですから、少~し勉強してみようかな、、、そんな気分になりました。
by silvergray2 | 2018-02-26 18:00 | 自然 | Comments(2)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31