海に向かい建つ  落居 其の三

落居の海岸から集落の上には車でも行ける。密集した集落の外を東に回る道で、しかし、車が行き違える場所は選ばないとない。
伊浜寄りの民家の外れに車を停め、舗装された平らなその道路を伊浜の方向に50Mも歩くと、花卉栽培のハウスが見えて来たがその先は土砂崩れで道は無い。廃道だ。
西の伊浜に繋がっていた道と思うが40数年前の地震で崩れたままなのだろう。
崖に目をやると海に下ると思われる径があった。
かなりの急傾斜でつづら折りに曲がり崖に密集した竹藪に消えていく。
コンクリートで固められてはいるが、単に滑り止めの粗末な舗装で、手摺さえ心もとなく歩くのは厄介で危険だ。
ロープを垂らしロッククライミングよろしく磯釣りに興じる釣り好きもいる昨今、連中が作った径かと合点したのだが、、、。
伊浜への廃道を少し歩み振り返ると、崖の途中に石塔数丁の墓地が見えてきた。その危険な径がどうもその小さな墓地に繋がっているらしい。
わたしにはその径を下る度胸は無かった。


e0362418_15450238.jpg



e0362418_15484226.jpg



e0362418_15500587.jpg



e0362418_15502782.jpg


 落居/南伊豆町
 /α7m2






[PR]
Commented by gaku0107boo at 2017-09-23 23:26
こんばんわ!
地元の慣れた人しか通らない小径なんでしょうね。
膝と腰に問題のあるワタクシではもはや道とはいえません。(笑)
方角は西なんでしょうか?
夕陽が美しいでしょうね~。^^
Commented by rollingwest at 2017-09-24 09:19
南伊豆の海いいですね~!小生もそろそろグループサウンズ50周年(後編)記事を書く予定でおります。
Commented by silvergray2 at 2017-09-24 17:54
>>岳の父ちゃんさん
この径は写真で見るよりも急傾斜で、墓石も新しいものが見えますので、どうやって運んだのか首をひねって眺めていました。
西に向かって海ですので、夕陽は海に沈みます。
海に沈む夕日を撮りたいとは思うんですが、なかなか、、、。
Commented by silvergray2 at 2017-09-24 17:59
>>rollingwestさん
孤島のような、そして自然の険しさ厳しさを感じさせる落居でした。
GSの記事、期待していますヨ。
by silvergray2 | 2017-09-23 17:29 | 世間 | Comments(4)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。