旧岸邸

御殿場 旧岸邸
元総理大臣岸信介の御殿場の自邸です。
昭和45年73歳からの17年間を過ごしました。

家系図を建物内の展示パネルでみましたが、孫である現在の総理大臣安倍晋三に至るまで、幾筋もの政治家の血脈が絡みあい、政略結婚というのか、庶民の結婚感とは隔絶しているな、と思いました。まあ貴族ですね。


e0362418_17554641.jpg


e0362418_17560279.jpg


e0362418_17561454.jpg


e0362418_18224797.jpg


e0362418_18312120.jpg


e0362418_18312799.jpg

e0362418_17563298.jpg



e0362418_17565063.jpg


e0362418_17571107.jpg


e0362418_17572204.jpg


旧岸邸は親戚になる松岡洋右(昭和15年外務大臣・三国同盟締結)が残した松岡家の別荘地の一部を譲り受け建てたもの。
現在は御殿場市に寄贈され東山旧岸邸として公開。
先の記事「とらや工房」を経営する虎屋の関連会社虎玄が指定管理者としてこちらを管理運営しています。

 東山旧岸邸/御殿場市東山
 /NEX-6













[PR]
Commented by ame3 at 2017-03-15 09:24 x
私なんぞは、そこで生活したら、落ち着かずに、不眠症になってしまう。小さい頃からの育ちでしょうかね~。お爺さんは頭がもよく、斬れたたようですからね。でも独りよがりはイケマセン。
Commented by silvergray2 at 2017-03-15 10:57
>>ame3さん
こちら、豪華さは見えないので、一般の方が見ると、慎ましい家と思うのではないかとおもいます。
床柱が太い!とか、天井が高い!で見栄を張れると思う人には、どうってことない家に思えるでしょう。
実は田舎ではこの辺を理解させるのが難しいのですが(笑)

大丈夫です。私も寝られます。ame3さんは大イビキで寝られると思います。
ただ、冬は寒そうです。御殿場だから。
交通の便がよいからこの地を選ぶんだそうですが、わたしは冬へ疑問をもつのです。


by silvergray2 | 2017-03-15 06:00 | 世間 | Comments(2)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。