梅雨の晴れ間

梅雨の晴れ間、六本木ヒルズをぶらり。

e0362418_17593577.jpg


e0362418_18003569.jpg


e0362418_18005594.jpg


e0362418_18011270.jpg


e0362418_18013318.jpg


e0362418_18021418.jpg


e0362418_18023243.jpg


e0362418_18025597.jpg


e0362418_18031045.jpg
今回上京する際に新幹線の熱海東京間に利用できる「お出かけきっぷ」を使った。ただし、二名以上で往復きっぷを買うことが条件。
知らなかった~。
35%ほど割り引かれ、一人当たり往復で2930円ほど安くなります。
今日はJR東海の宣伝でした。

 六本木ヒルズ/D7000









[PR]
by silvergray2 | 2017-06-26 19:00 | 遠く | Comments(4)

浮島海岸

浮島(ふとう)海岸

断崖絶壁の突端畳一帖ほどの頂上に立つと、強風の中で体は揺れる。
腰から下はスース―して、なんとも血の気の引く思い。これ、足腰が弱っている証拠でしょうね。
嗚呼。
もう一度ここに立ち、同じようにカメラをぐるりと振れるだろうか?無理な気がする。
でもわたしの足元10余M下では磯釣りをする人が二人いる。
道がない。ロープが二本垂れていた。一本は要するにロッククライミング用、もう一本は横移動用の案内索と見た。
趣味とは偉大なり。

e0362418_11305977.jpg


e0362418_11404346.jpg


e0362418_11410533.jpg


e0362418_11422057.jpg


e0362418_11442859.jpg


e0362418_11454994.jpg


e0362418_11470554.jpg


e0362418_11483908.jpg


e0362418_11485793.jpg


e0362418_11475342.jpg

眼下の釣り人の一人は、アレルギー性鼻炎への対策なのだろう、マスクをしていた。
ここまで用意周到に体に気を使っている方が、この危険な状況は御身には決して好ましくないと思うのだが、、、スリルというものは人には必要ということか。

 浮島海岸/田子・西伊豆町
 /D7000

[PR]
by silvergray2 | 2017-06-07 12:30 | 自然 | Comments(4)

タワー

海辺のクレーン。初夏に眩い。


e0362418_17203645.jpg


e0362418_17205490.jpg


e0362418_17294912.jpg


e0362418_17213410.jpg


 田子/西伊豆町
 /D7000 NEX-6


Blue
[PR]
by silvergray2 | 2017-06-05 17:31 | 世間 | Comments(0)

広小路の駅周辺を歩いていると、昭和な雰囲気がまだ残っています。
「純喫茶」、久しく聞きませんねぇ。
昔は喫茶店のことをふざけて「カフェ」「カフエ」と言ったりしていたものが今はカフェが通り相場になったような。
で、この「カフェ」がわたしには曖昧で不審なんです。どういった店なのか。横文字でカフェだからそれでよいのか?
実はこの名称、いくつかの法律では昔より未だに「カフェー」という言葉で立派に残っていまして、喫茶店とは違うのです。
キャバレーなどと同類で、色々とお上の目が厳しくなるお店になるのです。
ですから、TVなどで若いタレントの「カフェに入ろうか・・・」なんて台詞を聞くと、一瞬、健全か不健全なのか、うろたえたりするのです。

高校生の頃は純喫茶は入っても良いけど、喫茶店はダメ。喫茶店は酒類を出すから、というような解釈だったと思います。
今の連中は、マクドナルド?いやスターバックスあたりのコーヒーチェーン店なんでしょうか?オヤジには全く分かりません。

e0362418_18373441.jpg


e0362418_18380101.jpg


e0362418_18382382.jpg


e0362418_18384347.jpg


e0362418_18391291.jpg


e0362418_18394037.jpg

純喫茶「クール」の入り口は、和風な作りで、蕎麦屋風でもありました。

 源兵衛川/三島市
 /D7000

[PR]
by silvergray2 | 2017-06-01 18:47 | 世間 | Comments(2)

水冷たく清流で育つ三島梅花藻(ミシマバイカモ)。
昭和30年代には湧水減少や生活排水の流入で姿を消したものの、平成に入り市民を中心に復活運動が起り、隣町の柿田川から譲り受けて復活させたとのこと。
この日も川のゴミを拾う方々と行き会いました。


e0362418_15024023.jpg


e0362418_15073213.jpg


e0362418_15032425.jpg


e0362418_15034035.jpg


e0362418_15154264.jpg


e0362418_15160651.jpg


e0362418_15180684.jpg


 源兵衛川/三島市
 /D7000

[PR]
by silvergray2 | 2017-05-31 18:00 | 世間 | Comments(2)

新たなブログとなってまだ紹介をしていなかった三島市源兵衛川の界隈です。
綺麗が当たり前になった感があるこちらの川も、行く度に清掃にあたる人を見て維持管理のご苦労を知るのです。


e0362418_11511461.jpg



e0362418_11520868.jpg


e0362418_11523094.jpg


e0362418_11531867.jpg

三島~修善寺を走る伊豆箱根鉄道の駿豆線。
一度だけ乗ったことがあります。
某病院の検査を受けるにあたって、病院から絶対に自分の運転する車で来るなとのお達しをうけ沿線の鉄道を乗り継いでこちらの電車に乗りました。
検査を受ける緊張した身でしたが、直線が多く田園風景が車窓に広がり、長閑な気持ちになったものでした。
15分に一本走っていて、これはいいですよね。( ´艸`)
(わたしのところは30分に一本で、特急が走る時間帯では一時間に一本となりますんで、、、)
(わたし、所謂「鉄や」ではありません。)

 源兵衛川/三島市
 /D7000



[PR]
by silvergray2 | 2017-05-30 12:18 | 世間 | Comments(2)

こどもの日

きょう こどもの日

e0362418_17253650.jpg


e0362418_17255368.jpg


e0362418_17260869.jpg


e0362418_17262927.jpg


e0362418_17264803.jpg



e0362418_17274252.jpg


e0362418_17293426.jpg

e0362418_17295042.jpg
毎年ここでは田んぼの上空に鯉のぼりが泳いでいる。
そしてこの時季、雉の恋のシーズンでもあるのです。やっぱりケーンケーンと騒ぐ君がいた。
でも歩き方がちょっとおかしい。家に帰り写真を見ると片足の踵から先が無かった。
お相手、見つかるといいなぁ。

 稲梓/下田市
 /D7000



[PR]
by silvergray2 | 2017-05-05 17:46 | 世間 | Comments(0)

言葉より 語るもの。

言葉より 
語るもの。

e0362418_09433037.jpg
お金入れても出てきません。
¥280はいつの頃か、、、平成15年かぁ。
愚生が吸っていた昭和では、「煙草は男のアクセサリー」と言われた時代でもあったのだが、そんなコピーが許される今ではない。
「言葉より語るもの」。そうだ、昭和男(おのこ)にはそれが必要だったのだぁ。

 /湯ヶ島

[PR]
by silvergray2 | 2017-05-04 17:53 | 時代 | Comments(2)

水温む

今日は長袖シャツの腕をまくり歩きました。
車のエアコンもクーラーが働き、リュック背負ったハイキング帰りの女性も黒い小さな日傘を出して歩いていました。
初夏の装い、野も山も。

e0362418_17473354.jpg


e0362418_17475645.jpg


e0362418_17481418.jpg


e0362418_17483966.jpg


e0362418_17485183.jpg


e0362418_17490758.jpg


e0362418_17493007.jpg


e0362418_17494275.jpg


e0362418_17502733.jpg


e0362418_17505985.jpg


フライで釣り上げ、鱒いっちょう。水温が上がってきたのですね。
あぁぁぁ、キャッチ&リリース!
食べればいいのに、、、30センチはありましたよぅ。

 松川湖/伊東市
 /D7000










[PR]
by silvergray2 | 2017-04-16 17:57 | 自然 | Comments(2)

先日、小川沿いに歩いていると、バシャバシャと川面を叩く音がして、鴨がわたしに気が付いて逃げだした、と思ったら、どうもその音が止まらず、川を覗くと、なんと尺を超すかの体長があるアマゴ(ヤマメ)が水深5cm程度に水が減った川の瀬を立派な体高の背を出して上っている。
ここ数年、護岸工事が進められ、アマゴの姿を見る機会も減ったのだが、どっこい、こんなに成長し生きている!


こちらでは桜はまだ寒桜が主で、ソメイヨシノの開花は遅い様子です。

e0362418_22381806.jpg


e0362418_22385453.jpg


e0362418_22390703.jpg


e0362418_22392782.jpg


e0362418_22394808.jpg


e0362418_22400730.jpg


e0362418_22404190.jpg


e0362418_22411768.jpg


e0362418_22421782.jpg


「蕗のとう」を採る人

e0362418_22432028.jpg

子供の頃、新聞の四コマ漫画で土筆ご飯があることを知る。
土筆、美味いのだろうか? 細にも聞いたがやはり食べたことはないそうな。
「蕗のとう」は写真くらいに開いてはダメなんでしょうね。 トウが立つかぁ、、、

1-3:sigma17-50/2.8EX HSM  4-10:tamron SP AF 90/2.8 Di macro
 鳴沢川/伊東市池
 /D7000


[PR]
by silvergray2 | 2017-03-30 06:00 | 自然 | Comments(0)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31