タグ:s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4.0 ( 2 ) タグの人気記事

青野川界隈

風の冷たい青野川河畔を国道を横切って上流に向かって歩くと、河津と違ってこちらの上流域の桜はまだ眠っていました。
で、近くの下賀茂熱帯植物園で一服。


 E PZ 16-50/3.5-5.6 OSS 
清竜寺参道 二年前に亡くなったH君の菩提寺はひょっとしてこちらか?境内を歩いてみた。
帰省時には赤いフェラーリで乗り付けていたという。
e0362418_11010245.jpg


e0362418_11125396.jpg



 s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4.0
e0362418_10335600.jpg

 
e0362418_10271022.jpg



 下賀茂熱帯植物園にて 写真O.K、愛想のよい店員さんでした。ありがとうございます。
e0362418_10254858.jpg


e0362418_10260614.jpg


e0362418_10262225.jpg



 がま寺にて
e0362418_10300220.jpg


e0362418_10301872.jpg


 青野川河畔/南伊豆町
 /NEX-6





[PR]
by silvergray2 | 2017-02-14 12:06 | 近く | Comments(2)

10日に河津と同じように始まった南伊豆町の「みなみの桜と菜の花祭り」。
昨日は風が強く冷たかったのでポケットに手を入れてのブラブラ歩き。
レンズはこれも40年以上前のペンタックス Super-Multi-Coated MACRO-TAKUMAR 50/1.4 と 現在のソニー E PZ 16-50/3.5-5.6 OSS 。
s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4.0 は このところ年一回程度、レンズの虫干しで使っていました。
マクロ(接写)レンズはニコン用のタムロン90/2.8Di を常用にしていることと、本家ペンタックスK20Dの液晶モニターがどうも気に入らず、このレンズを持ち出す機会が減りました。

NEX-6はモニター、シャッターを押した余韻なども気に入って、50mmレンズの撮り比べ、今回はこちらのレンズで楽しみました。
絞りは開放でもF4。現在のカメラからすれば、マクロとすると明るくはないのですが、販売されていた当時のマクロレンズは本来の写真複写を目的に設計された質実剛健なレンズ。優しいボケが評価に加わる現代のマクロレンズとは立場が違います。
でもマクロ・タクマー50もただ固い訳ではありません。
頑固一辺倒と思われている私に似て実は柔らか、そんなレンズなのです。よろしくm(__)m


 s.m.c MACRO-TAKUMAR 50/4.0 (F4.0開放)

e0362418_12213235.jpg


e0362418_12265584.jpg


e0362418_17523746.jpg


e0362418_12305209.jpg


e0362418_12324605.jpg


e0362418_09454172.jpg



e0362418_12372801.jpg

e0362418_09540158.jpg



e0362418_12402241.jpg




 E PZ 16-50/3.5-5.6 OSS

e0362418_12411305.jpg


e0362418_12432874.jpg


e0362418_12434065.jpg


ミラーレス一眼のNEX-6、マウントアダプターを付けていろいろなメーカーのレンズをマニュアルフォーカスで楽しむことができます。
焦点距離50mmのレンズは好きなだけにいろいろレンズコンテナーに集まっています。ニコンの3本は別として、あと、OMの一本がありますが、どうするか、、、
またアダプターを買うか。やや食傷気味でもあります。

 青野川河畔/南伊豆町
 /NEX-6














[PR]
by silvergray2 | 2017-02-12 13:06 | カメラ機材 | Comments(4)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。