蓮の風

毎年見させて頂いている蓮田に寄りました。
早朝にでも出掛けて行って見れたら良いのでしょうが、そこはなまくらなわたしでして、日中の蓮の姿を眺めてきました。

蓮田の中を進むと、ブーン・ブーンと羽音。カメラに気を取られて無視していると更に近くで鳴り、首を回すと、なんと「熊ん蜂」。
おっと、二度三度と体を遠ざけても執拗に追って来て、冷や汗(-_-i)


e0362418_16411327.jpg


e0362418_16412897.jpg


e0362418_16414871.jpg


e0362418_16420506.jpg


e0362418_16441442.jpg


e0362418_16442970.jpg


e0362418_16444297.jpg

 1-4:ZUIKO MC AUTO-T 135/2.8
 5-7:ZUIKO AUTO-MACRO 50/3.5

 上白岩/伊豆市
 /NEX-6





[PR]
by silvergray2 | 2017-07-12 18:00 | 自然 | Comments(2)

抵抗

田園の中、遠巻きに選挙カーは回ってきます。
今日は最後の追い込みの日、暑いです。
愚生は宅配便のテレビ台を待っています。

e0362418_11091315.jpg


e0362418_11085893.jpg
 池/伊東市
 /NEX-6


[PR]
by silvergray2 | 2017-05-20 11:10 | 世間 | Comments(4)

白い椅子

田植えの済んだ田、準備の田。
白い椅子に腰を掛けて、煙草を一服するのも気分のよいことでしょう。

e0362418_18273060.jpg


e0362418_18281602.jpg


e0362418_18283547.jpg


e0362418_18343179.jpg


e0362418_18290384.jpg
 池/伊東市
 /NEX-6

[PR]
by silvergray2 | 2017-05-16 18:38 | 世間 | Comments(2)

渚・四月(一)

予想外に遅くなった桜がぽつりぽつりと咲き出した四月。
先日、山越えの道で古いAE86レビンとすれ違いました。同年代と思われるオヤジさんが隣に奥様でしょうが乗せてハンドルを握っていました。
ちょっと奥さん緊張気味。
キャンピングカーを目にすることも多くなりました。「わ」ナンバーのキャンピングカーもあるんですね。でもキャンピングカーのレンタカー、高そうです。
春です。軽快に皆さん動き出しました。


e0362418_23034918.jpg


e0362418_23041476.jpg


e0362418_23050868.jpg


e0362418_22195554.jpg


e0362418_23090561.jpg


e0362418_23093461.jpg


e0362418_09093484.jpg


e0362418_23101034.jpg


e0362418_23095218.jpg

1-3:XR RIKENON 50/2.0 4-8:ZUIKO MC AUTO-T 135/F2.8

 大浜/下田市吉佐美
 /NEX-6






[PR]
by silvergray2 | 2017-04-04 23:16 | 自然 | Comments(4)

蔵のある郷で(五)

先日、SBS静岡放送の封筒で疾うに亡くなった父宛に手紙。
SBSの何かの販売促進の手紙かと思い封を切ると、戦争に行った父の連隊に従軍していたカメラマンと、当時の連隊のことを知りたいとのこと。
わたしは父の遅い時の子で、戦後生まれ、まったく戦時中のことは聞いてもいないし、父も話したがらなかった。
母も詳しくは知らず、南方・ガダルカナル・ラバウルといった地名は喋っていたのですが、その地名がどのように繋がるのか皆目見当もつきませんでした。
数年前、父がどのような戦地に赴いたのかを知りたくなり、どうしたらよいか調べたことがありました。
それはどうも県庁にそういった記録を残している部署があるというところまでは分かったのですが、あとは私自身普段の生活に感けてその先の展開はなく今日を迎えていました。
手紙をくれた記者Sさんにわたしから伝える情報は無かったのですが、その手紙には、父は歩兵230連隊に所属していたことが記されていて、驚きました。
ネットで連隊を調べると苛烈極まる戦闘が行われ、生存者は少なかったことも分かりました。
今日、彼岸の入り。父が私に言えなかった戦争を知ろうと思います。取り敢えず3冊の本を注文しました。

写真は前回の記事の続きです。

e0362418_18242191.jpg


e0362418_18245029.jpg


e0362418_18273593.jpg


e0362418_18274916.jpg


e0362418_18284934.jpg


e0362418_18280425.jpg


e0362418_18311580.jpg


e0362418_18314207.jpg


e0362418_18315614.jpg


e0362418_18320599.jpg


 岩科/松崎町
 /NEX-6
















[PR]
by silvergray2 | 2017-03-17 18:41 | 近く | Comments(4)

蔵のある郷で(四)

135mmに付け替えてぶらり。
フレアを修正せず。

わたしの近辺には蔵はありませんので、蔵のある景色には憧れます。
蔵が生きた歴史を感じることができて好きなんです。
岩科地区、この地域の過っての栄華の日を想いつつパチリ。



e0362418_15022576.jpg



e0362418_15030912.jpg


e0362418_15032671.jpg


e0362418_15024423.jpg


e0362418_15035305.jpg


e0362418_15050082.jpg

 岩科/松崎町
 /NEX-6





[PR]
by silvergray2 | 2017-03-16 18:26 | 近く | Comments(2)

日蓮の放たれた海

日蓮上人が鎌倉幕府により流罪となり放たれた海上の小さな岩礁、俎板岩。
伊豆には日蓮に関しての多くの伝承が残ります。



e0362418_12231052.jpg


e0362418_12255603.jpg


e0362418_12195438.jpg


e0362418_12202021.jpg


e0362418_12302635.jpg


e0362418_12320738.jpg


e0362418_12304335.jpg


e0362418_12332528.jpg



1番の写真が俎板岩ですが、この俎板岩に日蓮は鎌倉幕府役人から捨て置かれ、その後、潮が満ち溺れそうな状況のときに地元漁師弥三郎に救われる。
そういった伝承があるのですが、俎板岩から岸までそれほどの距離はありません。ならば泳げば陸に着けるのでは、、、
日蓮さんが泳ぎが苦手だったかはわかりませんが、やはり、疑問を抱く方々はいるようです。
でも伊豆ではこの俎板岩から日蓮の伝説、伝承は始まったのですよ。

 1.2:ZUIKO MC AUTO-T 135/F2.8
 3.4.8:F.ZUIKO AUTO-S 50/1.8
 5.6.7:G.ZUIKO AUTO-W 28/3.5
 蓮着寺.城ケ崎/伊東市
 /E-510









[PR]
by silvergray2 | 2017-01-15 12:59 | 時代 | Comments(4)

板戸の海で海鼠採りに精出す漁師さん。
沖は西の風、時化が続く。

OM ZUIKO MC AUTO-T 1:2.8 f=135mm を付けて

e0362418_18184991.jpg


e0362418_18255927.jpg


e0362418_18280420.jpg


e0362418_18294207.jpg

このレンズ今迄に一回しか使ってなかったようですが、問題出現。ピントリングを回すとレンズが一緒に回り出します。
レンズの着脱ボタンの片側一方が遊んでいました。バヨネットにロックが掛からない。
家に帰りマウント部を外し、探ると、ボタンを押す小さな板バネが外れています。板バネはプラスチック基部の直径0.5mmほどの突起二か所で留まっていたようですが、一つの突起が経年劣化で折れてしまったようで、結局接着剤で固めるしか方法はなさそうです。

 板戸の海/下田
 /E-510




[PR]
by silvergray2 | 2017-01-12 18:49 | 近く | Comments(4)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31