昭和の酔い心地

ビール中が200円、ウィスキー2級が一杯80円、、、
2級ってところがにくい。地元の45ウィスキーか?
コーヒー一杯100円。
いつごろの時代か?コーヒーの値段をネットで検索すると、昭和45年くらいと出た。えッ、そんな安かったの?

昭和40年、私が子供の頃、隣の市に「50円ハウス」という食堂がありましてね。
ここのカレーを、電車に乗って子供だけで食べに行くのが随分な贅沢だと感じたものでした。
こちらのお店がごった返していた年代はその頃だったのかもしれません。

e0362418_10513948.jpg



e0362418_10511467.jpg



e0362418_10504828.jpg

 古奈/伊豆長岡/伊豆の国市
 /NEX-6







[PR]
by silvergray2 | 2017-08-11 11:14 | 時代 | Comments(2)

以前(前ブログSCENE92)にも紹介した酒屋さんの看板オブジェ。
日曜、こちらの酒屋さんの前に立つと、西日を受けたに酒瓶のオブジェに薄っすらと「源氏」の文字が浮かんで見えた。
こちらの地元には過って東洋醸造と呼ばれた酒造会社があり、峠を越えたわたしのところでも酒屋の前に積置かれた空の「菊源氏」の一升瓶を背に子供らは遊び、蔵元は知らずともそのラベルだけは記憶の底に焼き付いている。
そして、そんな昭和の時代、我が家の食堂の祖父の席の後ろにも「菊源氏」の一升瓶がいつでもでん一本控えていた。


e0362418_17505107.jpg


e0362418_17521740.jpg

 古奈/伊豆長岡/伊豆の国市
 /NEX-6





[PR]
by silvergray2 | 2017-08-07 17:53 | 時代 | Comments(2)

夏館

今日も暑かった。
冷蔵庫の最上段には「モナ王」「あずきバー」ほか数種類のアイスが放り込まれている。
今年は「モナ王」を好んで口に運んでしまう。
暑さに閉口している体に体力を使わずに口に入るアイスモナカは齢を重ねた者には打って付けか?(ふーッ)
子供の頃から、小生に夏痩せは無い!


e0362418_22103886.jpg


e0362418_22105483.jpg


e0362418_22111121.jpg

 1:G.ZUIKO AUTO-W 28/3.5
 2,3:C.ZEISS JENA DDR TESSAR 2.8/50

 古奈/伊豆長岡/伊豆の国市
 NEX-6







[PR]
by silvergray2 | 2017-08-06 22:25 | 世間 | Comments(0)

民宿の路地

なまこ壁。目地を蒲鉾に上手いコテのさばき。

e0362418_10332622.jpg


e0362418_10334786.jpg


e0362418_10341841.jpg


e0362418_10343485.jpg


e0362418_10345166.jpg


e0362418_10350655.jpg

e0362418_22075719.jpg

なまこ壁の蔵の屋根を見ると、棟の鬼瓦に”W”の文字が焼かれていて、これはワタナベの家ということだろう。
高校の同級生でこちらの田牛から通っていた渡辺というのがいて、写真部だったことを思い出した。
そんな当時、クラブ(部活)の選択に写真部を選択する精神はわたしにはまだ無く、今となれば、後悔も感じるのです。(遅い)

 田牛(とうじ)/下田市
 /NEX-6



Torikoさんに刺激されてわたしもペタッ







[PR]
by silvergray2 | 2017-04-09 14:07 | 世間 | Comments(2)

昭和の学校

田牛にて
以前にも登場した、現在下田市「青少年海の家」として頑張っている戦前昭和5年完成の木造校舎。
昭和41年まで田牛地区の小学校として多くの子供が学んだとのこと。
学校としては36年の歴史だが、苦節の昭和史を色う姿に、起立!礼!(今どきそんなこと言わないか、、、)


e0362418_20552565.jpg


e0362418_20582516.jpg


e0362418_20585835.jpg


e0362418_20592558.jpg


e0362418_21003166.jpg



e0362418_21013662.jpg


e0362418_21023937.jpg



e0362418_21053283.jpg


1-6:G.ZUIKO AUTO-W 28/3.5 7,8:XR RIKENON 50/2.0
 田牛/下田市
 /NEX-6



[PR]
by silvergray2 | 2017-04-07 21:17 | 時代 | Comments(4)

渚・四月(二)

田牛(とうじ)にて

e0362418_22051388.jpg


e0362418_22060246.jpg


e0362418_22064299.jpg


e0362418_22311209.jpg


e0362418_22320392.jpg


e0362418_22081122.jpg



e0362418_22082398.jpg


1-3、6,7:XR RIKENON 50/2.0 4,5:G.ZUIKO AUTO-W 28/3.5
 田牛/下田市
 /NEX-6







[PR]
by silvergray2 | 2017-04-06 22:11 | 自然 | Comments(0)

蔵のある郷で(三)

集落の小径を登って来ると國柱命神社(くにはしらみことじんじゃ)に至る。


e0362418_11095280.jpg


e0362418_11100525.jpg


e0362418_11134327.jpg


e0362418_11102140.jpg


e0362418_11103361.jpg


e0362418_11104546.jpg


e0362418_11110020.jpg

 /NEX-6




[PR]
by silvergray2 | 2017-03-12 06:00 | 近く | Comments(4)

蔵のある郷で(二)

 


e0362418_10491590.jpg


e0362418_10493499.jpg


e0362418_10500503.jpg


e0362418_10502425.jpg


e0362418_10510115.jpg


e0362418_10514779.jpg


e0362418_10520812.jpg


e0362418_10523386.jpg


e0362418_10525182.jpg


 /NEX-6












[PR]
by silvergray2 | 2017-03-11 06:00 | 近く | Comments(4)

蔵のある郷で(一)

先週金曜の夜は「美の壺」は東北の温泉をやってまして、食後で虚ろ虚ろとしてきたときに、画面に何処かで見たようなオジサンが登場。
誰だっけなぁ、と見入ると、、、写真家「北井一夫」の案内。!!!
画面は北井氏の撮影の様子に移ると、カメラはなんと、ソニーの「α7Ⅱ」、「ライカ」ではない。
レンズはたぶん古いライツ35mmエルマーあたりと思われる。
わたしが日本カメラを読んでいた時には「ライカで散歩」を執筆していて昔からライカ使い、フィルム一本やりの方で有名な写真家だったのだが、、、
どうも最近はデジタルを使うらしい。
「僕はずっとフィルムをやってきた。今度は君たちがフィルムをやりなさい」ということなのだそうだ。

岩手の雪深き湯治場を訪れ、逗留中の八十代の老夫婦を廊下に並べてそのα7とライツで撮っていたが、TVに映った写真は、オールドレンズ特有のコントラストは低く(今のTVモニターは製造時からコントラストを高く設定してあるのだが)、しかし、水彩画を見るような美しい写真だった。
他二枚の写真もややフレアが掛かり、優しい写真となっていた。
古いレンズでなければできない表現を改めて認識すると共に、凄いなぁ写真家は、、、。

そういうことで、オールドなOMのレンズをNEX-6に付けて、蔵のある郷を逍遥。
e0362418_18374868.jpg


e0362418_18390217.jpg


e0362418_18395836.jpg


e0362418_18410704.jpg


e0362418_18454531.jpg


e0362418_18462800.jpg


 /NEX-6







[PR]
by silvergray2 | 2017-03-10 06:00 | 近く | Comments(6)

日蓮の放たれた海

日蓮上人が鎌倉幕府により流罪となり放たれた海上の小さな岩礁、俎板岩。
伊豆には日蓮に関しての多くの伝承が残ります。



e0362418_12231052.jpg


e0362418_12255603.jpg


e0362418_12195438.jpg


e0362418_12202021.jpg


e0362418_12302635.jpg


e0362418_12320738.jpg


e0362418_12304335.jpg


e0362418_12332528.jpg



1番の写真が俎板岩ですが、この俎板岩に日蓮は鎌倉幕府役人から捨て置かれ、その後、潮が満ち溺れそうな状況のときに地元漁師弥三郎に救われる。
そういった伝承があるのですが、俎板岩から岸までそれほどの距離はありません。ならば泳げば陸に着けるのでは、、、
日蓮さんが泳ぎが苦手だったかはわかりませんが、やはり、疑問を抱く方々はいるようです。
でも伊豆ではこの俎板岩から日蓮の伝説、伝承は始まったのですよ。

 1.2:ZUIKO MC AUTO-T 135/F2.8
 3.4.8:F.ZUIKO AUTO-S 50/1.8
 5.6.7:G.ZUIKO AUTO-W 28/3.5
 蓮着寺.城ケ崎/伊東市
 /E-510









[PR]
by silvergray2 | 2017-01-15 12:59 | 時代 | Comments(4)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。