タグ:FE 24-240/3.5-6.3 OSS ( 1 ) タグの人気記事

生前形見分け

「生前形見分け」と称して、α7IIを戴いてしまいました。以前勤めていた会社の先輩からです。
形見分けなんて言ったて、当のご本人はまだ70歳にも届かない若さなんですがね。
今年の春先、NEX-6を手に入れ、その軽さ使い易さに惚れて、Aさんとの電話で、α7IIを下取りに出す時があったら、教えてくださいわたしに買えるものなら買います。と言ってしまったのが、今回の形見分けの成り行きの発端。
遠慮はしましたが、戴くことになりました。

α7II、試し撮り。
デジタルでフルサイズ。しばらくは主に古いレンズを本来の画角で楽しみます。


 FE 24-240/3.5-6.3 OSS
e0362418_00270538.jpg


e0362418_00271494.jpg


e0362418_00272645.jpg


NIKKOR AI 50/1.4
e0362418_00291411.jpg



e0362418_00274717.jpg


e0362418_00281207.jpg


e0362418_00285427.jpg


e0362418_00275835.jpg


e0362418_00290366.jpg

ミラーレス一眼。シャッター押すと二度のシャッターショックが伝わり、何だろうと調べると、なるほど。
まず先幕シャッターが降りてきて、撮像センサーをリセットし、次に先幕、後幕でスリット露光の手順。
ならば先幕を電子先幕シャッターで代用すれば、二度のシャッターショック、シャッター音はなくなる。
設定を変え、これで良しと、、、。
今回はその結果ですが、わたしD7000を使うときはISOは200或は400を主に使います。最高シャッタースピードは1/8000sですから絞り優先で撮る際は手振れを防ぐためにSSを意識してISOを決めています。
α7IIも最高SSは1/8000sで1/4000sより速いSSも問題ないはず。
ところが、下から二枚目の写真が一番分かるのですが、縦構図の左側に明らかに露光不足が発生。この時のSSは1/6400(ISO100)。
調べると電子先幕シャッターを使った場合の欠点でした。説明書にも高速SS・大口径レンズを使用する際の注意書きがありました。
今は電子先幕シャッターを「切る」の設定に戻しました。
フルサイズになると、ミラーレス一眼を作る方も機械的なハードルはかなり高くなるのですね。


[PR]
by silvergray2 | 2017-08-16 10:43 | カメラ機材 | Comments(2)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30