修善寺の大患 漱石

明治43年8月24日、胃潰瘍で転地療養を勧められ修善寺でその日々を送っていた漱石、突然と吐血。
人事不省に陥り、生死を彷徨う。「修善寺の大患」。
今から107年前の修善寺の残暑は如何な様子であっただろうか、、、
塀の向こうの菊屋旅館に当時の漱石の病床を思ふ。



e0362418_09313824.jpg


e0362418_09324568.jpg


e0362418_09330395.jpg


e0362418_09332385.jpg


e0362418_09382573.jpg


e0362418_09384511.jpg
 修善寺/伊豆市
 /α7m2

[PR]
by silvergray2 | 2017-08-23 08:08 | 世間 | Comments(0)

今更 風鈴

今更ながら我が小家の軒にも風鈴吊るしました。
風も吹かず、蒸す今宵です。


 
e0362418_22372916.jpg


e0362418_22375099.jpg


e0362418_22381213.jpg


e0362418_22384879.jpg

只今「しゅぜんじ回廊」は三島風鈴が下がっています。

 修善寺/伊豆市
 /α7m2





[PR]
by silvergray2 | 2017-08-21 22:50 | 世間 | Comments(2)

侵入者(小さなゴジラ)

わたしの小さな事務所。ここ数年ヤモリが住み着いています。
ここ数日、夜に外壁にへばりつく姿を見かけていました。
今日は網戸にいて、サッシと網戸の隙間から室内に来なければいいな、と。
こわごわと、紙で網戸を突っつくと、、、ピヨーンとわたしの方に飛んできて、あっ、部屋の中にいたのか!

後の祭りです。本棚の中に潜り込んでしまいました。さて、どうしたらいいのか?


e0362418_16412878.jpg
写し終わった後、直ぐに画像をPCで再生すれば、室内側にいるのは分かったのですが、、、やはり、後の祭りです。


 /α7m2


[PR]
by silvergray2 | 2017-08-20 16:56 | 世間 | Comments(6)

人と共存する傘

先日、傘を買いました。
上等な傘は必要ありませんが、かと言って、すぐ壊れるようなものでも困る。
ユニー系の店舗(どの程度の品があるのか想像できると思いますが)、傘のコーナーがあって、数はそうは無い。でも買って行かないと次が使えない。
どれが良いのか分からないが、コーナーで一番高いものを買えば安心か、、、
二千円台の傘が一番高かった。カーボン製で軽さを謳っていた。傘も安くなったものだ、とレジに。
数日後雨模様となり、このカーボン製の傘を使用。さて、傘を閉じた際に、、、あれ?無い。
この傘、玉留め(閉じたときに傘の骨の先端を開かないようにするポケット型の金物)が無かった。ガックリ_| ̄|○
田舎で、傘屋なんて無いし、傘のコーナーを持つ物販店もそうはありません。傘もネットで買わないといけないのか?
ネットを見ると、立派な傘がありました。一万円を超える傘が多いですね。
まあ、前に使っていた傘を何処に置き忘れたのか、全く見当もつかなくなった愚生には、ユニーの傘で充分だと言うことでしょうね。


e0362418_18071517.jpg

人と共存する傘

 稲取漁港/東伊豆町
 /α7m2



[PR]
by silvergray2 | 2017-08-17 18:12 | 世間 | Comments(2)

生前形見分け

「生前形見分け」と称して、α7IIを戴いてしまいました。以前勤めていた会社の先輩からです。
形見分けなんて言ったて、当のご本人はまだ70歳にも届かない若さなんですがね。
今年の春先、NEX-6を手に入れ、その軽さ使い易さに惚れて、Aさんとの電話で、α7IIを下取りに出す時があったら、教えてくださいわたしに買えるものなら買います。と言ってしまったのが、今回の形見分けの成り行きの発端。
遠慮はしましたが、戴くことになりました。

α7II、試し撮り。
デジタルでフルサイズ。しばらくは主に古いレンズを本来の画角で楽しみます。


 FE 24-240/3.5-6.3 OSS
e0362418_00270538.jpg


e0362418_00271494.jpg


e0362418_00272645.jpg


NIKKOR AI 50/1.4
e0362418_00291411.jpg



e0362418_00274717.jpg


e0362418_00281207.jpg


e0362418_00285427.jpg


e0362418_00275835.jpg


e0362418_00290366.jpg

ミラーレス一眼。シャッター押すと二度のシャッターショックが伝わり、何だろうと調べると、なるほど。
まず先幕シャッターが降りてきて、撮像センサーをリセットし、次に先幕、後幕でスリット露光の手順。
ならば先幕を電子先幕シャッターで代用すれば、二度のシャッターショック、シャッター音はなくなる。
設定を変え、これで良しと、、、。
今回はその結果ですが、わたしD7000を使うときはISOは200或は400を主に使います。最高シャッタースピードは1/8000sですから絞り優先で撮る際は手振れを防ぐためにSSを意識してISOを決めています。
α7IIも最高SSは1/8000sで1/4000sより速いSSも問題ないはず。
ところが、下から二枚目の写真が一番分かるのですが、縦構図の左側に明らかに露光不足が発生。この時のSSは1/6400(ISO100)。
調べると電子先幕シャッターを使った場合の欠点でした。説明書にも高速SS・大口径レンズを使用する際の注意書きがありました。
今は電子先幕シャッターを「切る」の設定に戻しました。
フルサイズになると、ミラーレス一眼を作る方も機械的なハードルはかなり高くなるのですね。


[PR]
by silvergray2 | 2017-08-16 10:43 | カメラ機材 | Comments(2)

送り道

湯ヶ島長野地区のお盆は8月の1~3日。
橋の上には見送った「馬」と「牛」。
愚生は明日が精霊棚の準備です。


e0362418_18093274.jpg



e0362418_18105442.jpg



e0362418_18111338.jpg



e0362418_18132953.jpg



e0362418_18255480.jpg




e0362418_18151537.jpg



e0362418_18142491.jpg


 湯ヶ島/伊豆市
 /α7m2







[PR]
by silvergray2 | 2017-08-12 18:19 | 世間 | Comments(5)

昭和の酔い心地

ビール中が200円、ウィスキー2級が一杯80円、、、
2級ってところがにくい。地元の45ウィスキーか?
コーヒー一杯100円。
いつごろの時代か?コーヒーの値段をネットで検索すると、昭和45年くらいと出た。えッ、そんな安かったの?

昭和40年、私が子供の頃、隣の市に「50円ハウス」という食堂がありましてね。
ここのカレーを、電車に乗って子供だけで食べに行くのが随分な贅沢だと感じたものでした。
こちらのお店がごった返していた年代はその頃だったのかもしれません。

e0362418_10513948.jpg



e0362418_10511467.jpg



e0362418_10504828.jpg

 古奈/伊豆長岡/伊豆の国市
 /NEX-6







[PR]
by silvergray2 | 2017-08-11 11:14 | 時代 | Comments(2)

以前(前ブログSCENE92)にも紹介した酒屋さんの看板オブジェ。
日曜、こちらの酒屋さんの前に立つと、西日を受けたに酒瓶のオブジェに薄っすらと「源氏」の文字が浮かんで見えた。
こちらの地元には過って東洋醸造と呼ばれた酒造会社があり、峠を越えたわたしのところでも酒屋の前に積置かれた空の「菊源氏」の一升瓶を背に子供らは遊び、蔵元は知らずともそのラベルだけは記憶の底に焼き付いている。
そして、そんな昭和の時代、我が家の食堂の祖父の席の後ろにも「菊源氏」の一升瓶がいつでもでん一本控えていた。


e0362418_17505107.jpg


e0362418_17521740.jpg

 古奈/伊豆長岡/伊豆の国市
 /NEX-6





[PR]
by silvergray2 | 2017-08-07 17:53 | 時代 | Comments(2)

夏館

今日も暑かった。
冷蔵庫の最上段には「モナ王」「あずきバー」ほか数種類のアイスが放り込まれている。
今年は「モナ王」を好んで口に運んでしまう。
暑さに閉口している体に体力を使わずに口に入るアイスモナカは齢を重ねた者には打って付けか?(ふーッ)
子供の頃から、小生に夏痩せは無い!


e0362418_22103886.jpg


e0362418_22105483.jpg


e0362418_22111121.jpg

 1:G.ZUIKO AUTO-W 28/3.5
 2,3:C.ZEISS JENA DDR TESSAR 2.8/50

 古奈/伊豆長岡/伊豆の国市
 NEX-6







[PR]
by silvergray2 | 2017-08-06 22:25 | 世間 | Comments(0)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。