祖父の引出しから

箱根・富士屋ホテル。
実はカレーを食べるだけに行ったわけではありません。
40年前に亡くなった祖父の使っていた引き出しから出てきた一枚の写真があります。富士屋ホテルの全景写真。
写るホテルの施設は殆どが現存しているように思います。
左に写る建物は現在の「花御殿」。この写真の中で最も新しい建物と思われますが、竣工は昭和11年(鉄筋コンクリート造)。
わたしが気になるのは、この写真が何故祖父の手元にあったのか?
写真はどうも絵葉書に類するもののように見えます。
本人が昭和11年以降の数年後に富士屋ホテルに行っていたのか、或は、知人からの土産なのか?
もし祖父が訪問していたならば、孫はそれから80年を経った同ホテルを一度眺めてみたいと思ったのです。

祖父の引出しから
e0362418_15214153.jpg
左から花御殿、西洋館(2棟)、本館、食堂


花御殿

e0362418_15462725.jpg


e0362418_16003166.jpg


西洋館1・2号館

e0362418_15495114.jpg


e0362418_15511580.jpg


e0362418_15520915.jpg


本館

e0362418_15530588.jpg



食堂

e0362418_15533278.jpg


花御殿はてっきり近年に建築されたとものと思いましたが、昭和11年の建物なんですね。
再塗装はされているのでしょうが、維持管理がしっかりなされているのには驚きです。

(以上の建物は国指定有形文化財)

 富士屋ホテル/箱根
 /α7m2








[PR]
# by silvergray2 | 2017-11-24 18:08 | 時代 | Comments(0)

silvergray の ブログ第二巻目 こころの琴線に触れた光景やきょうのココロ そして 備忘録 を記します。